三文化広場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯19度27分4秒 西経99度08分14秒 / 北緯19.45111度 西経99.13722度 / 19.45111; -99.13722

手前がアステカの遺跡、そして向かって右側にサンティアゴ教会、左側に現代の建物

三文化広場スペイン語:La Plaza de Tres Culturas)とは、メキシコ合衆国メキシコ市のトラテロルコ地区にある広場である。この広場は、メキシコが辿った3つの歴史文化を見ることが出来る事から、「三文化」と名づけられた。メキシコの建築家都市計画の専門家マリオ・パニによって設計され、 1966年に完成した[1][2]

最初の文化[編集]

この地は、元はアステカの商業都市であった。そして、1521年8月13日、アステカ第11代君主クアウテモックが、エルナン・コルテス率いるスペイン軍に包囲され籠城戦ののち降伏したのも、この地である。広場にある記念碑には、こう記載されている。

「1521年8月13日
クワウテモック王によって英雄的に守られてきた
トラテロルコはエルナン・コルテスの手に落ちた
それは勝利でもなければ、敗北でもなく
メスティーソ国民の痛ましい誕生であった
それが今日のメキシコである」[3]

EL 13 de agosto DE 1521
HEROICAMENTE DEFENDIDO POR CUAUHTEMOC
CAYO TLATELOLCO EN PODER DE HERNAN CORTES
NO FUE TRIUNFO NI DERROTA
FUE EL DOLOROSO NACIMIENTO DEL PUEBLO MESTIZO
QUE ES EL MÉXICO DE HOY

第二の文化[編集]

そして、スペイン植民地「ヌエバ・エスパーニャ」時代、多くのアステカ遺跡は破壊され、広場傍のサンティアゴ教会など建築物の資材として再利用された[4]

第三の文化[編集]

トラテロルコ事件の慰霊碑、慰霊碑は25年目である1993年10月2日に公開された[5]

最後に、近代のビル群である。元外務省のビルは、2007年10月22日メキシコ国立自治大学の文化センター、そしてMemorial del 68 と呼ばれる博物館となっている[6]。この博物館は、1968年10月2日に、この広場で起きたトラテロルコ事件について取り扱っている。

脚注[編集]

  1. ^ Michael J. Lazzara; Vicky Unruh (2009). Telling Ruins in Latin America. Macmillan. pp. 108–111. ISBN 0-230-60522-2. 
  2. ^ Theis, Klaus. “Plaza of Three Cultures, Much Pain”. 2010年10月2日閲覧。
  3. ^ 三文化広場/トラテロルコ遺跡ベルトラ株式会社
  4. ^ Mexico City - Santiago de Tlatelolco”. planetware.com. 2010年10月2日閲覧。
  5. ^ Doyle, Kate. “The Dead of Tlatelolco”. National Security Archive. 2010年10月2日閲覧。
  6. ^ Arroyo, Sergio Raúl. “Mexico:The Power of Memory”. Bulletin Supplement 6 (2009). German Historical Institute. p. 53. 2011年7月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年10月2日閲覧。

関連項目[編集]