三弾正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三弾正(さんだんじょう)は、戦国時代の大名武田信玄に仕え、弾正忠を名乗った武将の総称。武田家三弾正とも[1]戦国の三弾正

脚注[編集]

  1. ^ 玉田玉秀斎 講演,山田唯夫 速記(日本語) 『真田鬼弾正 : 武田家三弾正』樋口隆文館、1911年、1-2頁https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/890220/52021年10月30日閲覧。"武田家の盛んなる時代に於きましては、天下の人々が此の三人を、真田弾正鬼弾正、保科弾正槍弾正、高坂弾正智恵弾正と云って、大變恐れて居ったものでございまする"。