三上洋一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
みかみ よういちろう
三上洋一郎
生誕 (1998-01-02) 1998年1月2日(20歳)
日本の旗 日本兵庫県西脇市
住居 神奈川県横浜市
教育 慶應義塾大学在学中
職業 実業家
学生
団体 株式会社GNEX(代表取締役CEO
補足
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:近影の画像提供をお願いします。2016年4月

三上洋一郎(みかみ よういちろう、1998年1月2日[1] - )は、日本の大学生。実業家。2011年4月に中学2年生で学生団体GNEXを結成。2013年3月にGNEXを法人化し、現在は企業向けのデジタルマーケティング支援システムの提供を中心に複数の事業を展開している。社長業の傍ら、2016年4月より慶應義塾大学総合政策学部に在籍している[2]

来歴[編集]

1998年に兵庫県西脇市で生まれる。父の転勤に伴い、西宮市を経て神奈川県横浜市に転居。公立小学校より世田谷学園中学校に進学する。同高校に進学後、高校1年生の末に中退。その後、高等学校卒業程度認定試験を受験し、2016年4月より慶應義塾大学総合政策学部に進学。2017年9月より第3次安倍政権の目玉政策である「人づくり革命」に関する具体的な政策を検討する構想会議「人生100年時代構想会議」において有識者委員を務めている。[3]

GNEX[編集]

2013年3月にWebサービスの提供などを目的に学生団体として設立。同年8月、国内ベンチャーキャピタルのサムライインキュベート社と一橋大学が共催したビジネスアイデアコンテストに参加。このコンペティションで審査員特別賞を獲得したことにより、サムライインキュベート社より会社設立時の出資確約を得る[4]。2013年3月に自らの出資を基に、株式会社GNEXを設立。その後、サムライインキュベートに対し第三者割当増資を行っている。

現在は企業向けデジタルマーケティング支援システム「Push7」の提供を中心に複数事業を展開している[5]

投資業[編集]

小学3年生より株式投資を行っている。数万円の元手にファンダメンタルズ分析を用いた中長期のトレードスタイルで2015年現在数百万円を運用している[6]

脚注[編集]

外部リンク[編集]