万波高原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

万波高原(まんなみこうげん)は、岐阜県飛騨市の神通川水系万波川(久婦須川上流)流域の標高1000m地帯にある高原。大根などの高原野菜や蕎麦が栽培されている。

特徴[編集]

万波川沿いにある標高950m - 1100mの細長い盆地で、畑作地や放置耕作地にあたる草原が広がっている。周辺の山地は「万波国有林」に辺り、杉林やブナ林が見られる。

かつては万波集落が存在したが、豪雪などの厳しい自然環境故に戦前には離村、無住化した。戦後には農地開拓がされた他、万波高原一帯に水力発電所用ダムを作る計画もあったが実現しなかった。

現在は冷涼な気候を生かし、大根などの高原野菜や蕎麦が栽培されている。蕎麦は万波そばと呼ばれ、市内各地のイベントで美味しい蕎麦として売られている[1]

小白木峰白木峰の登山口(万波登山口)がある。

地質[編集]

万波峠-茂住祐延断層の谷にあたる。国道471号・472号辺りで牛首断層との断層谷の分岐が見られ、風隙のような地形となっている[2]

交通[編集]

国道360号から宮川町打保で分岐して林道をひたすら進むと万波高原に至る。また、国道471号国道472号の県境辺りからダート林道を通って万波高原に行くことも可能。いずれの道も冬季除雪無し。

観光[編集]

  • 万波神社
  • 小白木峰・白木峰万波登山口

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]