七使徒聖堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
七使徒聖堂

七使徒聖堂[1](ななしとせいどう、ヘブライ語: כנסיית השליחים‎, Knessiah haShalichim, ギリシア語: Εκκλησία Αποστόλων, 英語: Church of the Seven Apostles)とは、イスラエルガリラヤ湖の近くのカペルナウムCapernaum)にある正教会聖堂

ヨハネによる福音書(イオアン福音)21章2節に記されている、ティベリアス湖畔(ガリラヤ湖畔)で、復活したイイスス・ハリストス(イエス・キリストのギリシャ語読み)が姿をあらわした7人の使徒、すなわちペテロ(ペトル)トマス(フォマ)ナタナエル(ナファナイル)ゼベダイ(ゼヴェデイ)の二人の子、および他の弟子二人を記憶している。

1931年竣工。白地の壁に赤いドームを特徴とする。

脚注[編集]

  1. ^ 聖堂の名について…本聖堂を示す日本正教会の定訳が存在しないため、聖堂が記憶する内容から訳出した。

出典:外部リンク[編集]