一瀬直行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

一瀬直行(いちのせ なおゆき、1904年2月27日-1978年11月14日)は、日本の詩人小説家東京府東京市浅草区浅草吉野町一丁目(現在の東京都台東区今戸一丁目)生まれ。大正大学中退。在学中より詩作を発表。1938年「隣家の人々」で第7回芥川賞候補。

著書[編集]

  • 都会の雲 曙光詩社 1926
  • 蜘蛛 詩集 獅子発行所 1929 (獅子叢書)
  • 彼女とゴミ箱 浅草文学 交蘭社 1931
  • 隣家の人々 竹村書房 1939
  • 生活の表情 報国社 1940
  • 六區の女 春陽堂 1940.2
  • 小さな世相 報国社 1941
  • 心の窓 桜木書房 1943
  • 浅草物語 パトリア 1957
  • ゲイ・ボーイ パトリア 1958
  • 子供の世界と大人の世界 パトリア 1958
  • 日本の寓話(編)宝文館 1960
  • 山谷の女たち 世界文庫 1964
  • 浅草綺譚 世界文庫 1964 (新書)
  • 黒い流れ 世界文庫 1965 (新書)
  • 日本昔話考 鷺の宮書房 1966
  • 随筆・浅草 世界文庫, 1966
  • 自選創作集 全5巻 世界文庫 1969-76
  • 浅草走馬燈 光風社書店 1978.4