一樋斎芳琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一樋斎 芳琴(いっとうさい よしこと、生没年不詳)とは江戸時代末期の大坂浮世絵師

来歴[編集]

歌川国芳の門人。大坂の人。一樋斎、芳琴と号しており、嘉永5年(1852年)から安政3年(1856年)にかけて中判の役者絵を描いて活躍した。

作品[編集]

  • 「佐倉当五郎・嵐璃珏」 中判 嘉永5年3月角座『花雲佐倉曙』より

参考文献[編集]

関連項目[編集]