一六日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一六日(いちろくび)とは、毎、日付の下1の数字が1と6のである(ただし、グレゴリオ暦へ改暦後も31日は含めない)。つまり、毎月1日6日11日16日21日26日

単に一六、あるいは明治には一六どんたくどんたく休日の意味)とも言った。「じゅうろくにち」と区別するため一・六日とも書く。

一六日の慣習[編集]

江戸時代から明治初期まで、休日、稽古日、寄合日、講釈日などに当てられた。

1868年(明治元年)9月、明治政府も一六日を太政官布告官公庁の休日とした。しかし1876年(明治9年)3月、一六日の休日を廃し日曜日休日とし、まもなく民間もこれに倣い、一六日の休日は姿を消した。森鴎外の、1880年(明治13年)を舞台にした小説『』では、裁縫の師匠が一六に休むという叙述がある。

関連項目[編集]