ヴッパータール交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴッパータール交響楽団(Sinfonieorchester Wuppertal)は、ドイツ西部ノルトライン=ヴェストファーレン州ヴッパータール市に属するオーケストラ

ヒストリシェ・シュタットハレ
ヒストリシェ・シュタットハレの内部

ヴッパータール交響楽団の歴史は150年近くにおよぶ。創設初期の時代から、クララ・シューマンヨーゼフ・ヨアヒムヨハネス・ブラームスマックス・ブルッフといった高名な音楽家がソリストや指揮者としてこのオーケストラに登場した。

1900年にはリヒャルト・シュトラウスが客演、この頃から、シュターツ・ハレを本拠地として活躍する。このホールは第二次世界大戦で焼け落ちたが、1995年12月に修復された。

エーリヒ・クライバーオットー・クレンペラーなどの偉大な指揮者たちも、ヴッパータールで音楽的キャリアの第一歩を踏み出した。また、世界恐慌の時代にオーケストラを援助した音楽家の一人に、地元エルバーフェルト(ヴッパータール市の旧名)出身のハンス・クナッパーツブッシュがいる。後には、ゲオルク・ラティエンフリッツ・レーマンマルティン・シュテファーニが指揮台に立った。22年間におよぶハンス・マルティン・シュナイトの時代に続き、1986年から1996年の間は、音楽学者でもあるペーター・ギュルケがオーケストラを率いてきた。一時的に任命されたシュテファン・クリーメからバトンを引き継ぎ、1998年から2004年までは、ジョージ・ハリソンが、オーケストラのみならず、ヴッパータール市の音楽総監督を務めた。

2004/2005年のシリーズからは、上岡敏之が新たにヴッパータール市の音楽総監督に就任。現在このヴッパータール交響楽団とはオペラからコンサート、バロック音楽から現代音楽にいたるまで多岐にわたるレパートリーを誇っている。ドルトムントのコンツェルトハウスとケルンのフィルハーモニーに定期的に客演しているほか、ミュンヘンパリヴロツワフトリノローマなどをツアーで訪れている。

外部リンク[編集]