ヴェルナー・ハース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴェルナー・ハースWerner Haas, 1931年3月3日1976年10月11日)はドイツピアニスト20世紀音楽の専門家として著名であり、とりわけフランス印象主義音楽の演奏・録音で名を遺す。日本では、濁音のない「ウェルナー」として一般的に知られている。

シュトゥットガルト出身。シュトゥットガルト音楽院を卒業後、ワルター・ギーゼキングの個人指導を受ける。1950年代ヨーロッパ中でリサイタルを開いて目覚しい成功を収めた後、フィリップス・レーベルと契約を結んだ。ドビュッシーピアノ曲全集の録音により、1970年にグランプリ・デュ・ディスク賞を受賞。同じく1970年に録音されたラヴェルのピアノ曲全集は、アムステルダム・エジソン賞を授与されている。

ドビュッシーやラヴェルの専門家として名高いが、ほかにもベートーヴェンショパンプロコフィエフカバレフスキーも得意のレパートリーであった。1976年に自動車事故により急逝。

参考資料[編集]