ヴィータウタス大公戦争博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィータウタス大公戦争博物館
ヴィエニーベス広場
20リタス紙幣の裏面に描かれる戦争博物館

ヴィータウタス大公戦争博物館リトアニア語: Vytauto Didžiojo karo muziejus)は、リトアニアカウナスにある博物館である。1936年2月16日に開館した。2006年以降、国防省の管轄となっている。博物館の名称はリトアニアの英雄、ヴィータウタス大公からつけられている。

この博物館では先史時代から現在に至るまでのリトアニアとカウナスの歴史を紹介しており、時代を超えた多くの武器甲冑のコレクションや、1933年大西洋を横断したリトゥアニカ機の残骸などを展示している。

この博物館はヴィエニーベス広場に面している。この広場には、リトアニア独立に際し犠牲になった名もなき英雄たちの記念碑が建てられており、カウナス市内の観光地の一つとなっている。この記念碑は最初のリトアニア独立時(両大戦間期)に建てられた。ソ連占領期には撤去されていたが、1989年に再建。

現在では20リタス紙幣の裏面に建物が描かれている。また、この戦争博物館と同じ建物には別の美術館も入っている(国立チュルリョーニス美術館)。

外部リンク[編集]