ヴィルナのガオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィルナのガオン
Vilna Gaon, Winograd picture.jpg
個人情報
生誕
Elijah ben Solomon Zalman

1720年4月23日
死没 1797年10月9日
墓所 リトアニアヴィリニュス
宗教 ユダヤ教
国籍 ポーランド・リトアニア共和国
宗派 正統派
テンプレートを表示

ヴィルナのガオン[1](イディッシュ語: דער װילנער גאון‎, ポーランド語: Gaon z Wilna, リトアニア語: Vilniaus Gaonas)、本名Elijah ben Solomon Zalman(ヘブライ語: ר' אליהו בן שלמה זלמן‎ (Rabbi Eliyahu ben Shlomo Zalman))[2]16世紀ポーランド・リトアニア共和国におけるユダヤ人における宗教的および文化的権威の一人である[3]

生涯[編集]

ヴィルナのガオンは、ラビの名家の下に1720年4月23日ポーランド・リトアニア共和国Sialiec英語版に Elijah Ben Solomon Zalmanという名で生まれた[4]。伝承では、4歳までにヘブライ語聖書を暗記し、7歳の時にはのちにエルサレム・タルムード英語版の解説書(Pnei Moshe)を著することとなるモージズ・マーゴリーズ英語版タルムードについて学んでいた[4]といい、さらに8歳のころからは天文学を学び、10歳からは家庭教師なしに勉強をし、11歳になるまでにタルムードを暗記していたという。 彼の成人後、ポーランドやドイツのユダヤ人コミュニティを放浪し、20歳のころにはラビらはユダヤ法における難題を彼に問うようになり、1748年にヴィルナに戻った[5][6]。 ヴィルナに戻った後はラビになることを拒み、学びと祈りに身を捧げながら隠居するが、彼の評判はユダヤ人社会全体に広まっていった[3]。 1770年代頃には、ハシディズムがヴィルナに及ぶようになり、ラビやポーランドのユダヤ人コミュニティの長らと共に、その影響を検証した[7][8]。 彼らはこの動きを認めず、ハシディズムの信奉者に対して1772年に最初のヘーレム(破門)を行い、彼らの書物を焼却した[9]。40歳ごろからは経験を積んだ学者らへの教授を行うが、そのような学者らの中にはのちにヴァウォジンイェシーバーを創設したハイム・ヴォロジン英語版もいた[3]。 1797年に亡くなり、ヴィリニュスの墓地に埋葬されたが、1831年に埋葬された墓所は閉鎖となり、1950年にスタジアムやコンサートホールの建設のために彼の遺骸は家族のものと共に移されたが、これは論争を引き起こすこととなった[10][11]

その他[編集]

彼の知識はユダヤ教に関連したもののみならず、彼は少なくとも10か国語を話すことができ、数学等の科学にも精通していた[12]。彼はヘブライ語聖書の研究やヘブライ語文法の研究に多大な時間を費やし[13]、基本数学の入門書であるAyil Meshulashと呼ばれる数学書を著したと言われる[13][14][15]

脚注[編集]

  1. ^ Yaniv, Samuel (Rabbi) (2010年4月17日). “The Vilna Gaon and his Vision of Redemption”. Bar Ilan University. 2012年5月19日閲覧。
  2. ^ "The Vilna Gaon, part 3 (Review of Eliyahu Stern, The Genius)". Marc B. Shapiro
  3. ^ a b c Elijah ben Solomon”. britannica. 2021年10月3日閲覧。
  4. ^ a b Cohn-Sherbok, Dan; Cohn-Sherbok, Lavinia (1994) (英語). Jewish & Christian Mysticism: An Introduction. Gracewing Publishing. ISBN 978-0-85244-259-3. https://books.google.com/books?id=YtYAnp24AYYC&q=vilna+gaon&pg=PA67 
  5. ^ Green, David B. (2012年10月9日). “This Day in Jewish History 1797: The Vilna Gaon Dies” (英語). Haaretz. https://www.haaretz.com/jewish/this-day-in-jewish-history/1797-the-vilna-gaon-dies.premium-1.468827 2017年11月7日閲覧。 
  6. ^ Schechter, Solomon; Seligsohn, M. ELIJAH BEN SOLOMON (also called Elijah Wilna, Elijah Gaon, and Der Wilner Gaon)”. Jewish Encyclopedia. 2021年10月3日閲覧。
  7. ^ Satlow, Michael L.; Satlow, Professor Michael (2006) (英語). Creating Judaism: History, Tradition, Practice. Columbia University Press. ISBN 978-0-231-13488-0. https://books.google.com/books?id=Fcq09BJgP68C&q=vilna+gaon&pg=PA281 
  8. ^ Wertheimer, Jack (2004) (英語). Jewish Religious Leadership: In Eastern Europe ; In Western and Central Europe ; In the United States ; In North Africa and Israel ; The representation of Jewish leadership. Jewish Theological Seminary. pp. 407. ISBN 9780873340984. https://books.google.com/books?id=PvUlAQAAIAAJ&q=vilna+gaon 
  9. ^ David Assaf; Benjamin Brown; Uriel Gellman; Samuel Heilman; Moshe Rosman; Gadi Sagiv; and Marcin Wodziński; David Biale (2017-12-11). Hasidism: A New History. pp. 7. ISBN 9780691175157 
  10. ^ Leiman, Shnayer Z. (Winter 1998). “Who is buried in Vlina Gaon's tomb?”. Jewish Action 59 (2). http://www.ou.org/publications/ja/5759winter/leiman.htm 2006年12月16日閲覧。. 
  11. ^ Jews protest to Lithuania over ancient cemetery”. Reuters (2007年8月22日). 2007年8月22日閲覧。
  12. ^ Howard M. Sachar: Chassidismus; in Frederick R. Lachmann: Die jüdische Religion, Aloys Henn Verlag, Kastellaun, 1977, ISBN 3-450-11907-9, S. 151
  13. ^ a b The Making of Modern Judaism: Interview with Eliyahu Stern”. YIVO Institute for Jewish Research. 2021年10月3日閲覧。
  14. ^ Matthews, Michael R. (2014). International Handbook of Research in History, Philosophy and Science Teaching. Springer. ISBN 978-94-007-7654-8. https://www.google.com/books/?id=7bP0AwAAQBAJ&pg=PA1729 
  15. ^ Bollag, Shimon (2007). “Mathematics”. In Skolnik. Encyclopaedia Judaica: Lif-Mek (2nd ed.). Detroit: Macmillan Reference USA in association with the Keter Pub. House. p. 676. ISBN 978-0-02-865941-1. https://www.google.com/books?id=LDYOAQAAMAAJ&pg=PA676