ヴィットリオ・アリゴーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Vittorio Arrigoni

ヴィットリオ・アリゴーニVittorio Arrigoni1975年2月4日 - 2011年4月15日)は、イタリアジャーナリスト、人権活動家。ロンバルディア州モンツァ・エ・ブリアンツァ県ベザーナ・イン・ブリアンツァ出身。

2008年よりガザ地区に滞在し、パレスチナイスラエルの占領からの解放を目指す非営利組織『国際連帯運動』のメンバーとして活動していた。2011年4月、ガザ地区にてアルカイダとの関連を持つスンニ派の『サラフィタ』に誘拐された。同日にはYouTubeに犯行声明の動画がアップされ、ハマスに拘束されているメンバーの釈放を要求し、拒否するようならば殺害するとの発表をした[1]

同月15日、ガザ市内の路上にてアリゴーニの死体が発見された。ハマス支配下のガザ地区において外国人が誘拐、殺害されたのは初めての出来事であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]