ヴァルダイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァルダイの町の近くのイヴェルスキー修道院
ヴァルダイ丘陵の風景。チェレホヴォ(Terekhovo)の町から見たウチン湖(Uzhin)

ヴァルダイロシア語:Валда́й;ラテン文字表記: Valday / Valdai)はロシアノヴゴロド州の町でヴァルダイスキー地区の行政中心地。モスクワサンクトペテルブルクを結ぶ連邦高速道路M10の沿線にあり、モスクワからは386km、ノヴゴロドからはおよそ140km。人口は18,703人(2002年国勢調査)、1989年の調査では19,173人であった。

ヴァルダイの地名は1495年に初めて記録に登場する。エカチェリーナ2世の時代に町に昇格したが当時は人口2千人ほどであった。ヴァルダイはの製造でロシアに名をはせている。

ヴァルダイの街はヴァルダイ丘陵の只中にあり、周囲はヴァルダイ丘陵国立公園に指定されている。近くのヴァルダイ湖の島には、有名なイヴェルスキー修道院(1653年)や生神女就寝聖堂(1656年)がある。夏には大勢のバカンス客が湖や町に滞在し、別荘サナトリウムも多い。また湖周辺にはキャンプ場も多い。

外部リンク[編集]

座標: 北緯57度58分45秒 東経33度15分10秒 / 北緯57.97917度 東経33.25278度 / 57.97917; 33.25278