ヴァディム・ブロドスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヴァディム・アドルフォヴィチ・ブロドスキーウクライナ語: Вадим Адольфович Бродський, ラテン文字転写例:Vadim Adolfovich Brodsky, ポーランド語: Wadim Brodski, 1950年4月24日 - )は、ソビエト連邦出身のヴァイオリニスト[1][2][3]

キエフの出身。キエフ音楽院でオルガ・パルホメンコにヴァイオリンを師事し、ダヴィッド・オイストラフの薫陶も受ける。1961年にはドミトリー・カバレフスキーヴァイオリン協奏曲を、作曲者の指揮するキエフ・フィルハーモニー管弦楽団の伴奏で演奏して脚光を浴びた。1974年チャイコフスキー国際コンクールで5位入賞を果たし、1977年ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールで優勝するも、国外での演奏活動を禁じられ、1981年ポーランドに移住した。1984にはパガニーニ国際コンクールで1位なしの2位を獲得し、同年のティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールでは優勝している。1985年からローマを本拠に活動する。

出典[編集]