ンガ・プル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ンガ・プル
Ngga Pulu
Sumantri (center) with Ngga Pulu (right) from Carstensz Summit by Christian Stangl flickr.jpg
東ノースウォール・フィルン英語版(万年雪)に覆われたスマントリ(中央の尖つた峰)とンガ・プル(右の平らな峰)
最高地点
標高 4,862 m (15,951 ft)
プロミネンス 100 m (330 ft) [1]
座標 4°3′59″S 137°11′16″E / 4.06639°S 137.18778°E / -4.06639; 137.18778座標: 4°3′59″S 137°11′16″E / 4.06639°S 137.18778°E / -4.06639; 137.18778
地形
所属山脈 スディルマン山脈
登山
初登頂 1936年12月5日 アントン・コレイン英語版ジャン=ジャック・ドージィフリッツ・ウィッスルオランダ語版
最容易
登山道
rock/snow/ice climb
Project.svg プロジェクト 山

ンガ・プル(Ngga Pulu)は、ニューギニア島スディルマン山脈の西方にある、オセアニアの最高峰であるプンチャック・ジャヤ(カルステンツ・ピラミッド)(4884m)の付属峰である。プンチャック・ジャヤ主峰の北にある。

かつては、数世紀に渡ってニューギニア島、オーストララシアの最高峰であった。1936年時点のンガ・プルの標高は約4907mで、ヒマラヤ山脈アンデス山脈の間では最も標高・プロミネンスの高い山であった。しかし、20世紀に山頂の氷河が溶けて消失し、その分標高が低くなった。現在の標高は4862mである。

名称[編集]

ンガ・プルは、カルステンツ山塊の中で唯一土着の名前を持つ山である。

1973年まで、現在のスマントリと現在のンガ・プルがそれぞれンガ・プルの北西峰・南東峰と呼ばれていた。ハインリヒ・ハラーは、1962年に描かれた地図上で北西峰(現在のスマントリ)をンガ・プル(Ngapalu)とし、南東峰(現在のンガ・プル)をサンデー峰(Sunday Peak)とした。1963年にインドネシアが西ニューギニア島に侵攻して支配下に置いてから、カルステンツ・ピラミッドが最高峰であると判明するまで、ンガ・プルがプンチャック・スカルノ(後にプンチャック・ジャヤに改称)と混同されていた。1973年、北西峰がスマントリに改称され、ンガ・プルは南西峰のみを指す呼称となった。

登頂歴[編集]

1936年12月5日、オランダのアントン・コレイン英語版ジャン=ジャック・ドージィフリッツ・ウィッスルオランダ語版がカルステンツ探検の一環としてンガ・プル南西峰(現在のンガ・プル)に初登頂した[2]。彼らはノースウォール・フィルンを登った。第二登は1962年にハインリヒ・ハラーが、第三登は1964年に日本とインドネシアの遠征隊が達成した[3]。ディック・イシャウッドは、1972年に高さ600mの北面に単独で初登頂した[4]

標高の減少と氷河[編集]

1936年のカルステンツ探検隊は、気圧を元にンガ・プルの標高を5030mと推定した。1973年のオーストラリアの地形調査により、1936年の気圧に基づく推定値は本来の値よりも117-125m高かったことが立証され、これにより1936年の推定値は4907±10mとなった[5]。当時、カルステンツ・ピラミッドの方がンガ・プルの付属峰とみなされており、カルステンツ地域の山のプロミネンスの基準となるkey colが氷に覆われていたため、ンガ・プルのプロミネンスは約200mであった。

オーストラリアの1971-73年の科学探検で、ンガ・プルの標高は4862mと測定され、key colの氷が溶けたためプロミネンスは約300mとなった。

2000年までに、カルステンツ地域以外のニューギニア島の氷河は全て消滅した。カルステンツ地区の中でも、まだ氷に覆われているンガ・プルよりも、氷が溶けたスマントリの方が数メートル標高が高い。そのため、ンガ・プルのプロミネンスは100m未満となり、スマントリの付属峰となっている(スマントリのプロミネンスは350m)。

氷河の融解により、カルステンツ地域の山のプロミネンスの基準となるkey colの標高が低くなり、また、ニューギニア島のかつて山頂が氷で覆われていたマンダラ山カルステンツ東峰英語版ンガ・ピリムジット英語版などの標高が減少した可能性がある。科学者たちは氷河の融解を監視しており、2020年から2030年ごろまでにニューギニア島の氷河が全て消滅すると推定している。

脚注[編集]

  1. ^ "Ngga Pulu, Indonesia" Peakbagger.com. Peakbagger currently gives a prominence of less than 100 m for this peak. Retrieved 2012-07-09.
  2. ^ Jean Jacques Dozy (2002) Vom höchsten Gipfel bis in die tiefste Grube. Entdeckung und Erschliessung der Gold - und Kupfererz - Lagerstätten von Irian Jaya, Indonesien Archived 2012-04-02 at the Wayback Machine., Bull. angew. Geol. 7, pp 67-80.
  3. ^ [1]
  4. ^ R.J. Isherwood, The Dugundugoo, The Alpine Journal 1973, pp 188–194.
  5. ^ Edward G. Anderson, Topographic Survey and Cartography in The Equatorial Glaciers of New Guinea, A.A. Balkema, Rotterdam, 1976

外部リンク[編集]