ワーラー変性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワーラー変性(わーらーへんせい、英:Wallerian degeneration)とは末梢神経線維が切断、坐滅などにより神経細胞との連絡が断たれたときに生じる変化。神経線維の断端遠位部より始まり、軸索は腫大した後に萎縮し、断片化していく。ワーラー変性の名はA.V.Wallerにより記載されたことにちなむ。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版社 1991年 ISBN 4885006104
  • 日本獣医病理学会編集 『動物病理学各論』 文永堂出版 2001年 ISBN 483003162X