ワシーリー・リャースノイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ワシーリー・ステパノヴィッチ・リャースノイロシア語: Василий Степанович Рясной1904年 - 1995年12月12日)は、ソ連のチェキスト。中将

経歴[編集]

中等教育を受ける。1937年まで党の業務に従事し、赤軍に勤務した。

1937年、国家保安機関に送られる。

1941年~1943年、内務人民委員部(NKVD)ゴリコフ州局長。1943年からウクライナ内務人民委員。

1946年1月、ソ連副内務人民委員に任命され、匪賊及びスパイ対策、大規模水利施設(ヴォルガ・ドン運河、クイブイシェフ及びスターリングラード水力発電所等)の建設を監督した。1952年2月から国家保安次官。

1953年3月から5月まで対外諜報部を指揮。1953年~1956年、モスクワ市・モスクワ州内務局を指揮。1956年7月5日、内務機関から解雇。

外部リンク[編集]