ワギャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ワギャンとは、ナムコ(後のバンダイナムコゲームス)のエレメカのタイトル、およびその主役の怪獣型キャラクター。

檻の中に収められた、3頭身程度にデフォルメかつロボット風にデザインされた怪獣「ワギャン」に向かって叫ぶと、怪獣がその声の音量次第で異なる喋りをする、というものだった。

後に、ワギャンを主役にしたテレビゲーム「ワギャンランド」シリーズが発売された。

また、ファミスタシリーズに、架空チームナムコスターズの3番セカンドとして登場したこともあった(投手を務めている作品もある)。

おもちゃ[編集]

1987年11月5日には、一般向けにおもちゃとして発売された。

檻の下の本体に電池駆動のマイクがあり、これに向かって声をかけると、その音量によって

  1. 「バーカ、ケケケケ」
  2. 「何だようるさいなー」
  3. 「やったな!ゴホッゴホッゴホッ」

という3種類の音声が再生され、同時にモーターによるギア仕掛けで人形が動く。音声はPCMのROMで再生され、「クチの減らない怪獣」という触れ込みで発売されていた。

同時に「ワギャナイザー」というおもちゃも発売された。

外部リンク[編集]