ローブデコルテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローブデコルテ
Robe Decollte 20080520tokyo11race paddock.jpg
2008年5月18日東京競馬場パドック
欧字表記 Robe Decollete
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 2004年4月28日
死没 2014年3月19日(10歳没)
抹消日 2008年10月30日
Cozzene
Color of Gold
母の父 Seeking the Gold
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Mr.& Mrs. Larry D.
馬主 前田幸治
調教師 松元茂樹栗東
厩務員 水島俊雄
競走成績
生涯成績 17戦3勝(中央競馬
1戦0勝(日本国外)
獲得賞金 2億1146万400円
勝ち鞍 JpnI優駿牝馬(2007年)
テンプレートを表示

ローブデコルテ日本の元競走馬2007年優駿牝馬(オークス)を制し、中央競馬クラシック競走史上初の外国産勝利馬となった。また、史上初の芦毛のオークス馬でもある。馬名はフランス語女性礼装ローブ・デコルテ」に由来する[1]2009年より繁殖牝馬となった。

なお、中央競馬で重賞5勝を挙げたダイワテキサスの母は、同名の「ローブデコルテ」だが別の馬である。

戦績[編集]

2006年函館競馬場の新馬戦でデビューし、安藤勝己騎乗で勝利する。続く条件戦2走を2着として阪神ジュベナイルフィリーズに出走するが、ウオッカの4着に敗れた。

2007年紅梅ステークスから始動し、これに勝利して2勝目を挙げた。しかし続く桜花賞トライアルチューリップ賞は5着、本番の桜花賞でも4着に敗れた。迎えたオークスでは、桜花賞優勝のダイワスカーレットが感冒のために、ウオッカが東京優駿に出走するためにここを回避し、53年振り・春季開催のオークスとしては史上初めて桜花賞1、2着馬が不在という混戦模様となる。その中でも本馬は5番人気であったが、レースでは中団を進むと最後の直線で大外から追い込み、1番人気のベッラレイアをゴール直前でハナ差交わして優勝した。優勝タイム2分25秒3は、1990年にエイシンサニーが記録した2分26秒1を17年振りに更新するレースレコードだった。

この後は、アメリカンオークスに遠征。鞍上は騎乗停止となっていた福永祐一に替わり、同じくアメリカ遠征をしていた岩田康誠が務めた。レースではスタートで出遅れ、直線で追い込むもパンティーレイドに敗れて5着に終わった。また、競走中に鼻出血を発症したことにより、日米双方で1ヶ月間の出走停止を課せられた。

帰国後は、この夏に発生した馬インフルエンザの影響もあり、予定していたローズステークスを回避して牝馬三冠目の秋華賞へ直行。しかし10着と大敗を喫すると、以降は凡走を続けるようになる。結局、オークス以後は古馬になって出走した阪急杯 (GIII) とNSTオープン(オープン特別)での3着が最高という成績で、2008年秋に出走した府中牝馬ステークスでの10着を最後に競走馬引退、繁殖入りが決まった。

競走馬引退後[編集]

馬主の前田幸治が経営するノースヒルズマネジメントで繁殖入りし、初年度の2009年アグネスタキオンと交配され、翌年芦毛の牝馬(スイートメドゥーサ)を出産した。スウィートメドゥーサはデビュー戦を1番人気で快勝したものの、その後2戦続けてスタート直後に外に逃避して競走中止となってしまい、矯正は困難と判断されて引退している。2014年3月19日に、第3子となるハーツクライの仔の出産時に、膀胱破裂のため死亡[2]。仔馬も死亡したため、残した仔は2頭のみであった。

馬名 誕生年 毛色 厩舎 馬主 戦績
第1子 スイートメドゥーサ 2010年 芦毛 アグネスタキオン 栗東・松元茂樹 ノースヒルズマネジメント 3戦1勝(引退・繁殖)
第2子 エレーデ 2013年 鹿毛 ディープインパクト 栗東・松元茂樹 前田幸治

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2006 7. 23 函館 2歳新馬 9 4 4 6.5 (3人) 1着 安藤勝己 54 芝1800m(稍) 1:56.5 (36.4) -0.2 (フィールドウイナー)
9. 9 札幌 コスモス賞 12 7 10 13.0 (6人) 2着 安藤勝己 54 芝1800m(良) 1:49.0 (36.1) 0.6 ナムラマース
11. 19 京都 2歳500万下 7 4 4 2.9 (2人) 2着 安藤勝己 54 芝1600m(良) 1:35.6 (35.5) 0.0 ジャングルテクノ
12. 3 阪神 阪神JF GI 18 8 17 22.8 (6人) 4着 福永祐一 54 芝1600m(良) 1:33.8 (34.5) 0.7 ウオッカ
2007 1. 14 京都 紅梅S OP 16 2 4 2.3 (1人) 1着 安藤勝己 54 芝1400m(良) 1:22.5 (35.7) -0.1 (バクシンヒロイン)
3. 3 阪神 チューリップ賞 JpnIII 16 4 8 14.6 (3人) 5着 武豊 54 芝1600m(良) 1:34.8 (34.5) 1.1 ウオッカ
4. 8 阪神 桜花賞 JpnI 18 3 6 76.8 (9人) 4着 福永祐一 55 芝1600m(良) 1:34.5 (33.5) 0.8 ダイワスカーレット
5. 20 東京 優駿牝馬 JpnI 18 1 2 11.7 (5人) 1着 福永祐一 55 芝2400m(良) 2:25.3 (34.7) 0.0 ベッラレイア
7. 7 ハリウッド アメリカンオークス G1 9 5 5 4.7 (2人) 5着 岩田康誠 54.9[3] 芝2000m(不明) 不明(不明) 不明 Panty Raid
10. 14 京都 秋華賞 JpnI 18 8 18 20.0 (4人) 10着 福永祐一 55 芝2000m(良) 1:59.9 (33.9) 0.8 ダイワスカーレット
11. 11 京都 エリザベス女王杯 GI 14 4 5 14.1 (6人) 11着 福永祐一 54 芝2200m(良) 2:13.0 (34.7) 1.1 ダイワスカーレット
2008 2. 3 京都 京都牝馬S GIII 14 3 4 24.1 (11人) 5着 福永祐一 58 芝1600m(重) 1:36.7 (34.7) 0.7 アドマイヤキッス
3. 2 阪神 阪急杯 GIII 16 1 2 20.1 (6人) 3着 福永祐一 56 芝1400m(良) 1:21.1 (34.7) 0.4 ローレルゲレイロ
4. 12 阪神 阪神牝馬S GII 15 7 12 4.8 (3人) 6着 福永祐一 57 芝1400m(良) 1:22.2 (34.7) 0.8 エイジアンウインズ
5. 18 東京 ヴィクトリアマイル JpnI 18 2 3 19.7 (7人) 14着 福永祐一 55 芝1600m(良) 1:35.1 (34.6) 1.4 エイジアンウインズ
8. 24 新潟 NSTオープン OP 10 1 1 3.0 (2人) 3着 福永祐一 54 芝1400m(良) 1:21.1 (34.7) 0.1 ヤマニンエマイユ
10. 5 阪神 ポートアイランドS OP 18 5 9 5.0 (2人) 7着 四位洋文 54 芝1600m(稍) 1:35.8 (34.7) 1.1 マイネルレーニア
10. 19 東京 府中牝馬S GIII 18 3 5 52.4 (11人) 10着 津村明秀 55 芝1800m(良) 1:46.3 (34.3) 0.8 ブルーメンブラット

血統[編集]

ローブデコルテ血統フォルティノ系 / Native Dancer5×5=6.25%) (血統表の出典)

Cozzene
1980 芦毛 アメリカ
Caro
1967 芦毛 フランス
*フォルティノ
Fortino
Grey Sovereign
Ranavalo
Chambord Chamossaire
Life Hill
Ride the Trails
1971 鹿毛 アメリカ
Prince John Princequillo
Not Afraid
Wildwook Sir Gaylord
Blue Canoe

Color of Gold
1996 鹿毛 アメリカ
Seeking the Gold
1985 鹿毛 アメリカ
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Con Game Buckpasser
Broadway
Sulemeif
1980 栗毛 アメリカ
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Barely Even Creme dela Creme
Dodge Me F-No.10-d
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

従姉に中央競馬史上2頭目の牝馬三冠馬スティルインラブ、従兄にラジオたんぱ賞 (GIII) 優勝馬ビッグバイアモンがいる。

脚注[編集]

  1. ^ を大きく開けて、を露出するドレスのこと。
  2. ^ ローブデコルテが死亡”. 競馬ブック. 2014年3月20日閲覧。
  3. ^ 公式発表の121lbsを1lb≒0.4536kgで換算

外部リンク[編集]