ローヌ氷河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローヌ氷河
Ghiacciaiorhone.jpg
種別 谷氷河
所在地 スイスヴァレー州
座標 北緯46度34分32秒 東経8度22分58秒 / 北緯46.57556度 東経8.38278度 / 46.57556; 8.38278座標: 北緯46度34分32秒 東経8度22分58秒 / 北緯46.57556度 東経8.38278度 / 46.57556; 8.38278

ローヌ氷河(ローヌひょうが、: Rhone Glacier又はRhône Glacier: Rhonegletscher)は、スイス・アルプス英語版に存在する氷河の1つである。ローヌ川水源でもあり、スイスヴァレー州の東端にあるジュネーヴ湖の主要な水源となっている。氷河はフルカ峠に近く、周辺に道路などが整備されているため、簡単に近づくことができる。

地理[編集]

ローヌ氷河は、ウルナー・アルプス山脈英語版で最大の氷河である。氷河の南には、ローヌ川の水源もある。Undri Triftlimi(3,081m)は、トゥリフト氷河に接続している。氷河はグリムゼル峠フルカ峠の間に位置し、ヴァレー州の北端で、オーバーヴァルト英語版の一部でもある。ダンマシュトック(3,630m)は、氷河の上にある最も高い山である。

移り変わり[編集]

ローヌ氷河の移り変わり。
縦軸:高低差
横軸:年
緑線:1879年からの堆積量
赤線:1年の移り変わり

ローヌ氷河は、古くから近づくのが容易であったため、19世紀以来、氷河の様子が記録されてきた。この記録によれば、ローヌ氷河は後退中であり、この120年間で1300mも短くなったことが判っている。なお、氷河が無くなった場所には、氷河が削り取って氷の中に含まれていたモレーンが残されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]