ロワイヤル橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロワイヤル橋(Pont Royal)はフランスパリセーヌ川に架かるアーチ橋である。ポンヌフマリー橋に次いでパリで3番目に古い橋である。

ロワイヤル橋

ロワイヤル橋

基本情報
フランス
所在地 パリ
交差物件 セーヌ川
設計者
施工者
ジャック・ガブリエル
J.アルドゥアン=マンサール
フランソワ・ロラン
建設 1685-1689年
座標 北緯48度51分39秒東経2度19分49秒
構造諸元
形式 アーチ橋
材料
全長 110m
16m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

右岸のフローラのパヴィリオンと左岸のバック通りを結んでいる。この橋は5つの半円アーチからなり、両岸の橋脚にはセーヌ川が大増水したときの水位が記されている。

歴史[編集]

1550年以来この場所にはテュイルリーの渡しがあった。バック(渡し船)通りの名前の由来である。 1632年、徴税官のバルビエが木製の有料の橋を架けさせたのが最初である。この橋はアンヌ・ドートリッシュにちなんでサンタンヌ(聖アンヌ)橋、またはその色からポン・ルージュ(赤い橋)と呼ばれていた。この橋は古くなったり、火事にあったりして何度か架け替えられている。

1685年から1689年にかけて、ルイ14世が出資し石造アーチ橋が架けられた。そしてロワイヤル橋と名付けられた。設計を担当したのはジャック・ガブリエルジュール・アルドゥアン=マンサールフランソワ・ロランだった。18世紀にはお祭り騒ぎがあると人々は好んでこの橋に集まってきた。

フランス革命期の1792年から1804年の間はナシオナル橋と改名された。続いて1814年まではテュイルリー橋と呼ばれていた。ナポレオンテュイルリー宮殿を守るために大砲を並べたのはこの橋であった。

ロワイヤル橋は1850年に一度修復された。その後1939年ポンヌフ、マリー橋とともに歴史的建造物に指定された。

交通[編集]

隣の橋[編集]

(上流)ポンデザールカルーゼル橋ロワイヤル橋レオポール・セダール・サンゴール橋コンコルド橋(下流)