ロバート・C・マッケンジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロバート・カレン・マッケンジー
Robert Callen MacKenzie
MacKenzieSlcu.jpg
シエラレオネ・コマンド部隊及びPMC社員と共に。後列に立っている背の高い白人がマッケンジー。
生誕 1948年11月30日
アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ
死没 1995年2月24日
シエラレオネ
所属組織 アメリカ陸軍
ローデシア軍
南アフリカ国防軍
最終階級 上等兵(アメリカ軍)
大尉(ローデシア軍)
少佐(南アフリカ軍)
除隊後 傭兵
テンプレートを表示

ロバート・カレン・「ボブ」・マッケンジーRobert Callen MacKenzie, 1948年11月30日 - 1995年2月24日、Bobは愛称)は、アメリカの退役軍人、傭兵。ローデシアSAS南アフリカ国防軍などに所属したほか、シエラレオネコマンド部隊の司令を務めた。

軍在籍時[編集]

1966年。17歳当時、故郷であるサンディエゴの募兵所に志願してアメリカ陸軍に入隊し、空挺部隊の一員としてベトナム戦争に参戦した。1970年、アメリカ陸軍を退役後、ローデシアの外人部隊こと軽歩兵連隊に入隊し、第22SAS連隊C中隊[1](ローデシアンSAS)に志願してモザンビークへの越境作戦など数多くの作戦に参加し、際立った勇敢さと指導力を評価されてローデシア銅十字章およびローデシア銀十字章を授与された。その後、ローデシアが崩壊してジンバブエが誕生してからは軍を辞め、1980年南アフリカ国防軍およびトランスカイ国防軍英語版の特殊部隊に在籍し、1985年に故郷であるアメリカへ帰国した。

傭兵時代[編集]

軍を辞めた後はグリーンベレーの元中佐で軍事雑誌「ソルジャー・オブ・フォーチュン」[2]の編集長であるロバート・K・ブラウンに雇われ、傭兵となる。モザンビークの戦いでモザンビーク民族抵抗運動 (RENAMO) を訓練し、人質となっていた7人の西欧人を救出したほか、エルサルバドルブーゲンビル島東南アジアボスニアなどでも戦った。

戦死[編集]

1991年ごろよりシエラレオネで反政府勢力RUF(統一革命戦線)が首都フリータウン近くまで勢力を伸ばしており、1995年、バレンタイン・ストラッサー政権はマイク・ボーレイス(ローデシア軍特殊部隊「セルーツ・スカウツ」の隊長)らが経営するグルカ・セキュリティー・グループ (GSG) 社に軍隊の訓練を依頼した。マッケンジーは司令官として、グルカ兵たちおよび副官であるイギリス人傭兵アンディ・マイヤーやジェームス・メイナードとともにシエラレオネ入りを果たしたが、マラル・ヒルにおいてRUFの待ち伏せ攻撃を受け、アンディやストラッサーの右腕であるアブ・タラワリら多数の兵士と一緒に死亡した。RUFのゲリラ兵はマッケンジーの遺体の一部を食して損壊させ、介入者への警告とした。マッケンジーの死後、GSG社は政府との契約を破棄してプレトリアに本拠地があるエグゼクティブ・アウトカムズ (EO) 社がシエラレオネに部隊を送り、RUFを首都圏から一掃してRUFの本拠地を奪取した。

脚注[編集]

  1. ^ C中隊のローデシアでの活躍を称えるため、現在のSASではC中隊は存在しない。
  2. ^ 同誌は外国人兵士を募るローデシア軍の広告ポスターの宣伝や、元軍人のライター兼傭兵が書く世界各地の戦場のレポートなどを掲載していた。

外部リンク[編集]