ロバート・ブレナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・ブレナー(Robert Paul Brenner、1943年11月28日 - )は、アメリカ合衆国歴史学者。専門はヨーロッパ経済史農業史

カリフォルニア大学ロサンゼルス校卒業後、プリンストン大学で修士号および博士号取得。現在、カリフォルニア大学ロサンゼルス校歴史学部教授、1984年から同大学社会理論・比較史センター長。

1976年、Past and Present 誌に発表された論文 "Agrarian Class Structure and Economic Development in Pre-industrial Europe" で、ヨーロッパにおける封建制から資本主義への移行に関して、社会財産関係(social-property relations)を重視してイングランドの農業発展の特異性を主張し、後に「ブレナー論争」と呼ばれた論争を巻き起こした[1]

著書[編集]

  • Merchants and Revolution: Commercial Change, Political Conflict, and London's Overseas Traders, 1550-1653, (Cambridge University Press, 1993).
  • The Boom and the Bubble: the US in the World Economy, (Verso, 2002).
石倉雅男渡辺雅男訳『ブームとバブル――世界経済のなかのアメリカ』(こぶし書房, 2005年)
  • The Economics of Global Turbulence: the Advanced Capitalist Economies from Long Boom to Long Downturn, 1945-2005, (Verso, 2006).

[編集]

  1. ^ T. H. Aston and C. H. E. Philpin eds., The Brenner Debate: Agrarian Class Structure and Economic Development in Pre-industrial Europe, (Cambridge University Press, 1985).

関連項目[編集]