ロック・マルク・クリスチャン・カボレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロック・マルク・クリスチャン・カボレ
Roch Marc Christian Kaboré
Roch Marc Christian Kaboré (04-06-2018).jpg
2018年撮影
ブルキナファソの旗 第7代 ブルキナファソ共和国大統領
任期
2015年12月29日 – 2022年1月24日
首相ポール・カバ・ティエバ英語版
クリストフ・ジョセフ・マリー・ダビレ英語版
ラッシーナ・ゼルボ英語版
前任者ミシェル・カファンド (暫定)
後任者ポール=アンリ・サンダオゴ・ダミバ英語版(防衛と回復のための愛国運動議長)
ブルキナファソの旗 第2代 ブルキナファソ共和国首相
任期
1994年3月22日 – 1996年2月6日
大統領ブレーズ・コンパオレ
前任者ユスフ・ウエドラオゴ英語版
後任者カドレ・デジレ・ウエドラオゴ英語版
個人情報
生誕 (1957-04-25) 1957年4月25日(65歳)
フランスの旗 仏領オートボルタ英語版(現ブルキナファソの旗 ブルキナファソ)、ワガドゥグー
政党人民民主主義のための組織-労働運動英語版 (-1996)
民主主義進歩会議英語版 (1996-2014)
進歩のための国民運動英語版 (2014-現在)
配偶者シーカ・ベラ・カボレ英語版 (m. 1982)
子供3
出身校ブルゴーニュ大学英語版
公式サイトOfficial Website
2012年のカボレ

ロック・マルク・クリスチャン・カボレ(Roch Marc Christian Kaboré、1957年4月25日 - )は、ブルキナファソの政治家。同国の第7代ブルキナファソ大統領(2015年12月29日 - 2022年1月24日)。2022年1月23日の軍事クーデターで政権が崩壊した。1994年から1996年まで首相を、2002年から2012年まで国民議会の議長を経験した。また、2014年に離党するまで民主主義進歩会議(CDP)の議長を務め、同年進歩のための国民運動を設立した。

カボレは49年ぶりの軍人ではない大統領であった。政治家の前には銀行員として働いていた。

生い立ち[編集]

カボレは仏領オートボルタのワガドゥグーで生まれた。彼は西アフリカ諸国中央銀行(BCEAO)の元副総裁の息子だった。1962年から1968年まで小学校に通い、CPS(Certificate of Primary School)を取得した。この基礎教育証明書を修了するとワガドゥグーの選抜校である聖ジャン=バティスト・ド・ラ・サール大学に1968年から1975年まで通い、BEPCのOレベルの一般証明書を、1975年にバカロレアのAレベルを取得した。その後はディジョン大学で経営学を専攻し、経済学を学んた。そこで1979年に学士号を、1980年に修士号を取得した[1]

フランスで勉強している間にシーカ・ベラ・カボレと出会い[2]、1982年に結婚し、3人の子供を設けている[2]

職歴[編集]

銀行員として[編集]

カボレはモーリス・ヤメオゴ大統領の下で大臣を務めていた父と同様に、国際復興開発銀行(BIB)の銀行家として働いていた[3]。最終的にはトーマス・サンカラ政権の時代にブルキナファソ最大の銀行の責任者に昇進した[3]。1984年、カボレは27歳の若さでBIBの総局長に任命され、1989年9月に政府に任命されるまでその職を務めた[4]

政治家として[編集]

カボレはブルキナファソ政府で大臣、大統領特別顧問、また国会の副議員を歴任した[5]。1994年に首相に就任し、1996年2月初旬に民主主義進歩会議が結成された際に首相を辞任し、新しい与党の初代副党首、および党首の特別顧問に就任した[6]

2002年6月6日にブルキナファソ国民議会の議長に選出された[7]

職務 期間
運輸通信大臣 1989年9月21日
国務大臣 1992年2月16日
ODP / MT(現在のCDP党)のカディオゴ地域を代表する国会議員 1992年5月24日
財務計画大臣 1992年6月19日から1993年9月3日
国務大臣 1993年9月3日から1994年3月20日
首相 1994年3月20日
ブルキナファソ大統領特別顧問 1996年2月から1997年6月
CDP党の国会の議員に選出 1997年5月11日
CDP党の全国書記に選出 1999年8月
国会の大統領に選出 2002年6月6日[7]
CDPの議長に選出 2003年8月
ブルキナファソの大統領に選出 2015年11月

2007年5月の議会選挙でカボレはCDPの候補として再選を果たし、議長にも再選。カボレが90票を獲得したのに対しNorbert Tiendrébéogoは13票にとどまり、無効票は7票だった[8]

CDPからの辞任[編集]

2014年1月6日にカボレはCDPからの離党を表明。ブレーズ・コンパオレの任期を延長する憲法改正に反対した他の多くの政治家と行動をともにした[9]

2014年1月25日、カボレは新しい野党、進歩のための国民運動(Mouvement du Peuple pourleProgrès 、MPP)を設立した[10] [11]

大統領職[編集]

2015年7月4日から5日にかけてワガドゥグースポーツアリーナで開催されたMPPの党大会で2015年11月29日に実施される大統領選挙の候補者に正式に選出された[12] [13]。2015年11月29日の投開票でカボレは1回目の投票で53.5%の票を獲得し、29.7%にとどまったゼフィリン・ディアブレを破り当選した[14]。2015年12月29日に大統領に就任[15]。2016年1月7日に経済学者のポール・カバ・ティエバを首相に任命した。[16]新政府の構成は1月13日に発表され、カボレは国防省と退役軍人省の大臣職を兼任した[17]。2020年11月22日の総選挙で、57.74%の票を獲得して再選を果たした[18]

しかしブルキナファソでは2015年頃より隣国マリ共和国からイスラム過激派が侵入し相次いで襲撃事件を起こすようになっており、一方でブルキナファソ国軍は訓練も装備も不十分で劣勢に立たされ、軍からはイスラム過激派に対する対策が不足していることに政府への不満が高まっていた。2022年1月23日、軍の複数の施設でイスラム過激派に対抗するための装備の拡充を求める兵士が反乱を起こし[19]、1月24日に身柄を拘束された。ポール=アンリ・サンダオゴ・ダミバ英語版大佐が率いる防衛と回復のための愛国運動(MPSR)が権力を掌握し、憲法停止や政府、議会の解散を宣言。カボレ政権は崩壊した[20]

出典[編集]

  1. ^ An.bf Archived 28 June 2008 at the Wayback Machine.
  2. ^ a b Roger, Benjamin (2015年12月9日). “Burkina : qui est Sika Bella Kaboré, la nouvelle première dame du Faso?”. Jeune Afrique. オリジナルの2018年4月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180418133608/http://www.jeuneafrique.com:80/285693/politique/burkina-sika-bella-kabore-nouvelle-premiere-dame-faso 2019年1月21日閲覧。 
  3. ^ a b Allafrica,com, Editorial:Burkina Faso: The "People's Victory" – President-Elect Kaboré and the Democratic Road Ahead for Burkina Faso, By Brian J. Peterson is Associate Professor of History, Union College, New York, 4 December 2015
  4. ^ Petiteacademie.gov.bf”. 2011年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月23日閲覧。
  5. ^ Africatime.com”. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月23日閲覧。
  6. ^ "Feb 1996 – New government – Transformation of ruling party", Keesing's Record of World Events, volume 42, February 1996, Burkina, page 40,937.
  7. ^ a b RAPPORT DE LA MISSION D'OBSERVATION DE L'ÉLECTION PRÉSIDENTIELLE DU 13 NOVEMBRE 2005” (フランス語). Democratie.francophonie.org. 2007年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年6月22日閲覧。
  8. ^ List of candidates elected to the National Assembly in 2007, National Assembly website (フランス語).
  9. ^ "Burkina: vague de démissions au sein du parti de Compaoré", Agence France-Presse, 6 January 2014 (フランス語).
  10. ^ "Roch Marc Christian Kaboré à la tête d'un nouveau parti d'opposition", Jeune Afrique, 26 January 2014 (フランス語).
  11. ^ "Blaise wants compromise", Africa Confidential, volume 55, number 3, 7 February 2014.
  12. ^ "Burkina: R.M. Christian Kaboré investi candidat pour la présidentielle", Radio France Internationale, 6 July 2015 (フランス語).
  13. ^ "Burkina Faso: Roch Marc Christian Kaboré, MPP's presidential candidate for 2015 elections", The Africa Report, 8 July 2015.
  14. ^ Mathieu Bonkoungou and Nadoun Coulibaly, "Kabore wins Burkina Faso presidential election", Reuters, 1 December 2015.
  15. ^ "Burkina Faso swears in new president, capping transition", Agence France-Presse, 29 December 2015.
  16. ^ "Burkina Faso's president names economist as prime minister", Reuters, 7 January 2016.
  17. ^ "Burkina Faso president takes defence portfolio in new cabinet", Agence France-Presse, 13 January 2016.
  18. ^ Presse (2020年12月28日). “Burkina President Vows Push For Security At Inauguration” (英語). www.barrons.com. 2021年1月6日閲覧。
  19. ^ “ブルキナファソで兵士暴動 政府の対イスラム過激派戦略に不満”. AFPBB News. フランス通信社. (2022年1月24日). https://www.afpbb.com/articles/-/3386560 2022年1月24日閲覧。 
  20. ^ “Coup d'État au Burkina Faso : Qui est Paul-Henri Sandaogo Damiba ?”. France 24. (2022年1月24日). https://www.france24.com/fr/vid%C3%A9o/20220124-coup-d-%C3%A9tat-au-burkina-faso-qui-est-paul-henri-sandaogo-damiba 2022年1月25日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
ミシェル・カファンド
(代行)
ブルキナファソの旗 ブルキナファソ大統領
第7代:2015年 - 2022年
次代:
ポール=アンリ・サンダオゴ・ダミバ英語版
(防衛と回復のための愛国運動議長)