ロゼッタ (イタリアのパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロゼッタ
ロゼッタ

ロゼッタ (Rosetta) は、イタリアローマの伝統的なパンである。

薔薇(Rosa)の形をしているため、ロゼッタ(Rosetta)と言われる。中が空洞で、外皮がカリカリして香ばしいパン。甲羅のような模様の専用の抜き型を使い[1]、この模様が作られる。イタリア北部ではミケッタ(Michetta)と言われているが、本来は別のレシピで作られる。 ロゼッタと同様にタルタルーガという亀の甲羅の模様をしたパンもある。

食べ方[編集]

オリーブオイルなどに浸して食べると小麦の味をしっかりと味わえる。 中心部分の空洞に他の食材を詰めオードブルとする食べ方もある。

脚注[編集]