ロシア取引システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロシア取引システムロシア語 : Российская Торговая Система, 英語 : The Russian Trading system; RTS)は、モスクワ証券取引所の前身の一つであり、モスクワにあった証券取引所

1995年にロシア国内の各取引所を統合し設立。取引はロシアルーブル建ておよび米ドル建てが可能で、同取引所には主に外国人投資家が参加していた。立会時間は10:30~17:45(日本時間16:30~23:45)、ただし夏時間では15:30~22:45であった。

ロシアの代表的な株価指数であるRTS指数は、2011年までロシア取引システムが算出していた。

2011年に、ロシア取引システムは、ロシア国内の投資家が参加していたモスクワ市内のモスクワ銀行間通貨取引所(MICEX)と合併し、現在のモスクワ証券取引所となった。