ロケット商会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロケット商会(ろけっとしょうかい、英称:Rocket & CO., LTD. )は、かつて静岡県浜松市に存在したモペッドモーターサイクルなどの自動二輪車を製造するメーカーである。製品のブランドは、「クインロケット」(Queen Rocket )。

概要[編集]

登記上本社は静岡県浜松市元浜町であった。1960年代の経営危機の後に創業家一族が退き、鈴木自動車工業(現スズキの援助を受けることになった。その後会社組織は存在せず、登記簿上暫く存在した上で、会社清算手続きを実施された。

年表[編集]

  • 1948年 - 静岡県浜松市に「ロケット商会」を創立。
  • 1958年 - 「榎村鉄工所」製エンジンを搭載したクインロケット200Rを発売。
  • 1960年以降 会社経営が行き詰まり、モーターサイクルの製造から撤退し、程なくして廃業した。

主な製造・研究拠点[編集]

自社拠点[編集]

かつて販売されていた商品[編集]

  • クインロケットNR1954年発売)
  • クインロケットAR - 175cc。
  • クインロケットOR1955年発売) - 空冷2ストローク単気筒、249cc。12.8馬力/6200rpm、1.53kgm/4900rpm。
  • クインロケット125BR(1955年発売) - 空冷2ストローク単気筒、124cc。5.5馬力/5000rpm。
  • クインロケット200R1958年発売) - 199cc、シフトチェンジが容易く行える機構を持ち、その特許を取得していた。
  • クインロケット125R(1958年発売) - エンジンは穂高工業所製124cc。7.8馬力。
  • クインロケット125F1959年発売) - 空冷2ストローク単気筒、124cc。7.8馬力/5400rpm、1.1kgm/3600rpm。
  • クインロケット125H(1959年試作) - クインロケット125Rにパリラ風の外装を施したショーモデル。
  • クインロケットG1251960年発売) - 空冷2ストローク単気筒、124cc。10.5馬力/8000rpm、0.89kgm/6000rpm。