レニングラード級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1号計画型 3番艦「モスクワ」

レニングラード級駆逐艦(-きゅうくちくかん Leningrad class destroyer)は、ソヴィエト/ロシア海軍駆逐艦である。

ソ連海軍の計画名は1型駆逐艦Лидеры эсминцев проекта 1)である。

概略[編集]

1940年の「ミンスク」。


本型はロシア革命以後に建造された初の駆逐艦であり、第一次五ヶ年計画の一環である海軍艦艇整備計画に基づき計画された。

1型駆逐艦は嚮導艦としての能力を要求されたため、基準排水量2,000t以上、最大速力40ktを誇った。従来のフィドニシ級駆逐艦およびイジャスラーフ級駆逐艦などに比べると、かなり大型・高速・重武装である。運用時には在来型駆逐艦との連携は想定されておらず、俊足を生かして偵察部隊や遊撃部隊に配属されることが想定された。

なお、「ミンスク」以下の後期型3隻を、前期型と別級扱いする場合もある。

建造[編集]

1932年から1940年にかけて6隻が建造された。本級の建造は当時のソ連の造船技術力・工業力を超えた試みであったため、製造不良や欠陥箇所が続出し、建造計画の遅延が多発した。

運用[編集]

1930年代後半から1950年代まで運用された。主な戦歴は、冬戦争レニングラード包囲戦満州および北方領土侵攻など。

第二次世界大戦後は旧式化・老朽化に伴い訓練艦や標的艦などへ転用され、1960年代までに全艦が沈没または退役した。

建造艦一覧[編集]

ルーマニア海軍 機雷敷設艦 アミラル・ムルゲスク (en) (ルーマニアに建てられました)
艦名 建造所 起工 就役 最期
レニングラード ジダーノフ 1932.11 1936.12 1963年に標的艦となり処分
ハリコフ ニコラエフ 1932.10 1938.11 黒海で1943年10月に航空攻撃により沈没
モスクワ ニコラエフ 1932.10 1938.8 ルーマニア地雷原によって沈没[1][2][3]
ミンスク ジダーノフ 1934.10 1939.2 1958年に標的艦となり沈没
ティビリシ コムソモリスクナアムーレ 1935.1 1940.12 1964年にスクラップ処分
バクー コムソモリスクナアムーレ 1935.1 1938.7 1964年にスクラップ処分

諸元[編集]

分類 嚮導駆逐艦
建造数 6隻
排水量 標準時2,150t、最大時2,580t
寸法 全長127.5m、全幅11.7m、喫水4.1m
乗員数 平時250名、戦時311名
最大速力 40.0kt
航続距離 20kt - 2,100海里
最大出力 66,000ps
機関 重油ボイラー3基、蒸気タービン3基、3軸推進
兵装 130mm砲5門、76.2mm砲2門、45mm機関砲2門、
533mm魚雷発射管8門、機雷115個、爆雷52個

関連項目[編集]

  1. ^ Robert Forczyk, Where the Iron Crosses Grow: The Crimea 1941–44, p. 39
  2. ^ David T. Zabecki, World War Two in Europe, p. 1468
  3. ^ R. L. DiNardo, Germany and the Axis Powers from Coalition to Collapse, p. 109