レッド・レヴィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サミュエル・"レッド"・レヴィン(Samuel "Red" Levine1903年12月27日 - 1972年)はアメリカニューヨークギャング殺し屋。あだ名の「レッド」は、髪が赤かったことにちなむ。

概要[編集]

正統派ユダヤ教徒で、安息日には殺しを実行しなかったことで知られている。彼は悪名高い殺人請負組織マーダー・インク("Murder, Inc., ")の一員で、ジョー・マッセリアサルヴァトーレ・マランツァーノ殺害の実行犯だった。

なお、彼の生涯についてはほとんどわかっておらず、逮捕時に警察で撮影された写真[1]くらいでしか彼の風貌を知ることはできない。

生年については1902年の可能性もあり、1972年に没したとされる(英語版より)。