レッドフィールド・プロクター・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レッドフィールド・プロクター・ジュニア
Redfield Proctor, Jr.
Redfield Proctor, Jr.jpg
生年月日 1879年4月13日
出生地 バーモント州ラトランド郡
死没地 バーモント州ラトランド郡
所属政党 共和党
配偶者 メアリー・S・ヘドリック

在任期間 1923年1月4日 - 1925年1月8日
テンプレートを表示

レッドフィールド・プロクター・ジュニア(Redfield Proctor, Jr., 1879年4月13日 - 1957年2月5日)は、アメリカ政治家実業家。第59代バーモント州知事を務めた。

概要[編集]

プロクターはバーモント州ラトランド郡で生まれ、生涯をそこで過ごした。ペンシルベニア州の学校で教育を受け、マサチューセッツ工科大学へ進学した[1]

1912年1915年にバーモント州下院議員を、1917年にバーモント州上院議員を務めた[2]

1922年、プロクターは共和党の指名を受けて、バーモント州知事選挙に立候補した。プロクターは現職副知事エイブラム・W・フットを約5300票差で破り、勝利した[3]

1957年、プロクターは病気を患い、間もなく自宅で死去した[4]

家族[編集]

父のレッドフィールド・プロクターも政治家で、第37代アメリカ合衆国陸軍長官および第37代バーモント州知事を務めた。母はエミリー・ジェイン・ダットン (Emily Jane Dutton) である。兄に第51代バーモント州知事を務めたフレッチャー・プロクター英語版がいる。

プロクターは1906年10月24日に、ノースカロライナ州出身のメアリー・S・ヘドリック (Mary S. Hedrick) と結婚した。プロクターはメアリーとの間に、以下の子供をもうけた[5]

  1. マーガレット・オリーヴ・プロクター (Margaret Olive Proctor, 1911年 - 1980年)

注釈[編集]

  1. ^ RootsWeb's WorldConnect Project(英語) - New England Families, Vol. I, Genealogies and Memorials, page 466-469.
  2. ^ The Political Graveyard(英語)
  3. ^ The New York Times, 14 Sep 1922, page 19.(英語)
  4. ^ The New York Times, 7 Feb 1957, page 25.(英語)
  5. ^ RootsWeb's WorldConnect Project(英語) - New England Families, Vol. I, Genealogies and Memorials, page 469-470.

外部リンク[編集]

公職
先代:
ジェームズ・ハートネス
Flag of Vermont.svgバーモント州知事
1923年1月4日 - 1925年1月8日
次代:
フランクリン・S・ビリングス