レソトの世界遺産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レソトの世界遺産について示す。レソトの世界遺産条約締約は2003年11月25日のことである[1]。2013年の第37回世界遺産委員会で初めて世界遺産リスト登録物件を保有した(以下はいずれも第37回世界遺産委員会終了時点の情報である)。

文化遺産・自然遺産[編集]

レソトには文化遺産や自然遺産は存在しない。

複合遺産[編集]

セアラバセベ国立公園

複合遺産マロティ=ドラケンスバーグ公園」を南アフリカ共和国と共有する。この物件は南アフリカのウクハランバ・ドラケンスバーグ公園と、レソトのセアラバセベ国立公園で構成されている。ドラケンスバーグ山脈マロティ山脈を含む)の優れた自然美や生物多様性、そしてサン人が数千年にわたって残してきた岩絵群が評価されたものである。

暫定リスト[編集]

レソトは以下のものを世界遺産の暫定リストに記載している。

タバ・ボシウのモシェシェ1世の墓

脚注[編集]

  1. ^ a b Lesotho – World Heritage Centre(2014年6月7日閲覧)
  2. ^ a b 地球の歩き方編集室 2014, p. 289
  3. ^ Bainbridge et al. 2009, pp. 558-559

参考文献[編集]

  • 地球の歩き方編集室編 『地球の歩き方 南アフリカ 2014 - 2015年版』 ダイヤモンド・ビッグ社、2014年。 
  • Bainbridge, James; Armstrong, Kate; Blond, Becca; Fitzpatrick, Mary (2009), South Africa, Lesotho & Swaziland (8th ed.), Lonely Planet Publications 

外部リンク[編集]