レシフェメトロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レシフェメトロ
Metrô do Recife
CBTU Logo.svg
レシフェメトロの車両
レシフェメトロの車両
基本情報
ブラジルの旗 ブラジル
所在地 レシフェ
種類 ラピッド・トランジット
ライトレール
開業 1985年3月11日
運営者 Superintendência de Trens Urbanos de Recife
詳細情報
総延長距離 71.0 km(ライトレール含む)
路線数 3路線
駅数 70駅
1日利用者数 225,000
保有車両数 40
軌間 1,600 mm(都市鉄道)
1,000 mm(ライトレール)
電化方式 架空電車線方式
最高速度 90 km/h
路線図
路線図
テンプレートを表示

レシフェメトロポルトガル語: Metrô do Recife)は、ブラジルの都市レシフェにて運行中の都市鉄道である。しばしばレシフェ地下鉄と言われるが地下区間は無い。

路線図

概要[編集]

1985年3月11日に開通し。CBUTにより都市高速鉄道が2路線、VLT do Recifeというライトレール路線が1路線運行されている[1]

路線[編集]

路線名 種類 開業年 距離 駅数 区間
Centro 都市鉄道 1985年 25.2 km 19 Recife - Camaragibe/Jaboatão
Linha Sul 都市鉄道 2005年 14.3 km 12 Recife - Cajueiro Seco
VLT do Recife ライトレール 2012年 31.5 km 8 Cabo - Cajueiro Seco・Cajueiro Seco - Curado

都市鉄道[編集]

Linha Centro線のRecife ↔ Camaragibe間が1985年3月11日に既存の郊外鉄道路線を使用して開通した。さらにJaboatãoまでの分岐線の区間が1987年8月29日に開業しRecife ↔ Jaboatão間の運行も開始された。2005年2月28日にはLinha Sul線が開通し、Recife ↔ Cajueiro Seco間で運行開始。途中、レシフェ/グアララペス・ジルベルト・フレイレ国際空港を通過し空港連絡鉄道となっている。

ライトレール[編集]

VLT do Recifeというライトレール路線が既存の鉄道路線を利用して2012年に開通。レシフェメトロと同じCBUTによる運営である。2路線、総延長31.5km、10駅が設置されている。狭軌のメーターゲージでディーゼル車両による運行である。Cabo - Cajueiro Seco間とCajueiro Seco - Curado間の2区間の運行となっている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Recife Metro 路線図(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]