レギスタン広場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レギスタン広場

レギスタン広場(Registan)は、ウズベキスタン古都サマルカンドにある広場で、「砂の場所」という意味をもつ。2001年に世界遺産に登録された。

マドラサ神学校が三棟建っている。向かって左側にはウルグ・ベク・マドラサ、右側にシェル・ドル・マドラサ、さらに中央にはティリャー・コリーモスクマドラサが建つ。

建物[編集]

ウルグ・ベク・マドラサ[編集]

レギスタン広場正面から左に位置する最も古いマドラサ。ティムール朝第4代君主であったウルグベクにより、1417年から1420年の約3年の工期をかけて完成した。

モスク・講義室・寄宿舎があり、当時の学生が生活していた。17世紀まで神学校として機能した後、一時穀物倉庫として利用されていたが、20世紀に入ると再び神学校として利用された。

現在では、天文学者でもあったウルグベクの功績を讃える博物館となっているほか、カリグラフィー店やタイル工房、コーヒーショップなどのお土産屋が入っている。

シェル・ドル・マドラサ[編集]

ウルグ・ベク・マドラサの対面に位置するマドラサ。17世紀、シャイバニ朝君主ヤラングトシュ・バハドールによって、1619年から1636年にかけて建設された。ウルグ・ベク・マドラサを模しているが、王の権力を誇示するための装飾が施されている。

「シェル・ドル」とはタジク語でライオンを意味し、正面にライオンがシカを追う様子が描かれている。イスラム教では偶像崇拝が禁止されているため、イスラム建築に動物が描かれることは珍しい。

ティリャー・コリーモスクマドラサ[編集]

レギスタン広場正面に位置する最も新しいマドラサ。1646年から1660年にかけて建設された。当時、中央アジア最大といわれたサマルカンドのビビハニムモスクが破壊されていたため、このマドラサが、サマルカンドのメインモスクとして位置付けられていた。

「ティリャー・コリー」とは金箔を施されたという意味があり、その名前の通り、礼拝所には一面の金の装飾が施されている。建設当時は5kgの金箔が使われていたとされ、後の修復時にも3kgの金箔が使われたとされる。また、礼拝所の天井は平面だが、遠近法によりドーム状に感じられるよう描かれている。

歴史[編集]

サマルカンドは、紀元前10世紀ごろからオアシス都市として発展し、シルクロードの要衝として商業が盛んであった。13世紀、チンギス・ハーンによって街が破壊された後、アミール・ティムールによるティムール帝国の首都としてあらたに発展した。15世紀に入り、ティムール帝国のの第4代君主であるウルグベクによって、ウルグ・ベク・マドラサが建築されたことが、レギスタン広場の始まりである。

  • 1420年 ウルグ・ベク・マドラサ完成
  • 1636年 シェル・ドル・マドラサ完成
  • 1660年 ティリャー・コリーモスクマドラサ完成