レオン伯シャルル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シャルル
レオン伯爵
Comte Charles Léon Denuelle, fils de Napoleon.jpg
続柄 ナポレオン1世庶子
出生 1806年12月
死去 1881年4月15日
父親 ナポレオン1世
母親 エレオノール・ドニュエル
テンプレートを表示

レオン伯シャルル(Charles Léon, 1806年12月 - 1881年4月15日)は、フランス貴族ナポレオン1世庶子

当時皇帝として即位していたナポレオンと愛人エレオノール・ドニュエルの間に生まれる。1815年には伯爵に叙せられた。1832年には、イギリス人大尉決闘で射殺し、1840年には ルイ=ナポレオン(後のナポレオン3世)と決闘(未遂)をしている。

正妻との一人娘のシャルロットと、その他に庶子が3人いた。ナポレオン1世没後100年にあたる1921年に、当時55歳のシャルロットがインタビューを受けている。自身にはナポレオンによく似た一人息子がいたが第一次世界大戦に従軍して戦死し、3人の異母兄弟たちも大戦中に死亡したという。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、レオン伯シャルルに関するカテゴリがあります。