レオノール・ミカエリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオノール・ミカエリス

レオノール・ミカエリスLeonor Michaelis[ˈleːonɔɐ mɪçaˈeːlɪs], 1875年1月16日 - 1949年10月8日)は、ドイツ生化学者医師酵素反応速度論に関するモード・メンテンとの共同研究によるミカエリス・メンテン式を確立した。

経歴[編集]

ベルリンに生まれる。フライブルク大学医学を学んだのちベルリン大学に移り、1897年に博士号を取得した。その後、パウル・エールリヒ (1898 - 1899)、モーリッツ・リッテン (1899 - 1902)、エルンスト・ヴィクトル・フォン・ライデン (1902 - 1906) の助手を務めた。1906年にはベルリン・シャリテ病院の細菌学研究室室長に就任し、1908年にベルリン大学員外教授に就任。1922年、名古屋大学医学部の生化学教授に就任。1926年にはメリーランド州ボルティモアジョンズ・ホプキンス大学で医学研究の常勤講師に就任した後、1929年にはニューヨークのロックフェラー医学研究所(現在のロックフェラー大学)に移り、1941年に退官するまで同機関に勤めた。ニューヨークで死去。

業績[編集]

ミカエリス・メンテン式の定式化 (1913) の他、ヤヌスグリーンミトコンドリアが超生体染色されることの発見 (1900)、尿路感染におけるミカエリス・グートマン体 (Michaelis-Gutmann body) の発見 (1902) の業績がある。また、チオグリコール酸ケラチンを溶解することを発見し、パーマネントウエーブ(パーマ)技術の一端を拓いた。