レオノール・デ・ポルトゥガル (アラゴン王妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レオノール・デ・ポルトゥガル
Leonor de Portugal
アラゴン王妃
D. Leonor de Portugal, Rainha de Aragão - The Portuguese Genealogy (Genealogia dos Reis de Portugal).png
在位 1347年 - 1348年

出生 (1328-02-03) 1328年2月3日
PortugueseFlag1248.svg ポルトガル王国
死去 (1348-10-29) 1348年10月29日(20歳没)
Siñal d'Aragón.svg アラゴン連合王国ヘリカ英語版
埋葬 1350年6月
Siñal d'Aragón.svg アラゴン連合王国ポブレー修道院
配偶者 アラゴン王ペドロ4世
家名 ブルゴーニュ家
父親 ポルトガル王アフォンソ4世
母親 ベアトリス・デ・カスティーリャ・イ・モリナ
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示

レオノール・デ・ポルトゥガル(ポルトガル語:Leonor de Portugal, 1328年2月3日[1] - 1348年10月29日)は、アラゴン王ペドロ4世の2番目の妃[2]ポルトガル王アフォンソ4世と、カスティーリャ王サンチョ4世の娘ベアトリス・デ・カスティーリャ・イ・モリナの間の末娘[2]

生涯[編集]

子供のころのレオノールについてはほとんど伝わっていない。18歳の頃、レオノールを甥フェルナンド・ダラゴンの妃に望むカスティーリャ王アルフォンソ11世と、自身の妃に望むアラゴン王ペドロ4世の間で争われたが、これにはポルトガルの支援を確保したいという両国の思惑があった。結局ペドロ4世の最初の妃マリア・デ・ナバラが死去した1347年の11月14日または15日に、バルセロナにおいてレオノールはぺドロ4世と結婚した[3]。レオノールはポルトガルで生まれた唯一のアラゴン王妃である[4]

レオノールは結婚の翌年1348年10月29日に、ヘリカ英語版への旅の途中、テルエル黒死病にかかり死去した[4][5]。レオノールにはベアトリスという名の娘がいたとする後世の文献もあるが[6]、実際にはレオノールとペドロ4世の間には子供はいなかった。レオノールの遺書にこの娘についての言及はなく、一方でレオノールの母ベアトリスの1357年および1358年の2つの遺書にはこのベアトリスという娘について、その遺体をサンタレンの聖フランシスコ修道院から自身の墓に改葬するよう記されており[7] 、おそらくこのベアトリスという娘はレオノールの兄ペドロ1世の庶子であったとみられる。レオノールは最初ヘリカに埋葬されたが、1348年9月のレオノールの遺書に従い、1350年6月にポブレー修道院に改葬された[8]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Almeida Rodrigues, Ana Maria de Seabra (2013). “Un destin interrompu: Aliénor de Portugal, brève reine d'Aragón” (フランス語). Les femmes dans l’espace nord-méditerranéen. Etudes Roussillonnaises. Revue d'Historie et d'archéologie Méditerranéennes. XXV. Canet-en-Rousillon: Éditions Trabucaire. pp. 89–96. ISBN 978-2-84974-168-9. https://www.academia.edu/3727859/Un_destin_interrompu_Alienor_de_Portugal_breve_reine_d'Aragon_1347-1348_ 
  • Rodrigues Oliveira, Ana (2010) (ポルトガル語). Rainhas medievais de Portugal. Dezassete mulheres, duas dinastias, quatro séculos de História. Lisbon: A esfera dos livros. ISBN 978-989-626-261-7