レウトフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レウトフ
Reutov (英語)
Реутов (ロシア語)
-  Town[1]  -
Юбилейный проспект (Реутов).JPG
Yubileyny Avenue in Reutov
レウトフの位置(ロシア内)
レウトフ
レウトフ
ロシアにおけるレウトフの位置
座標: 北緯55度45分 東経37度52分 / 北緯55.750度 東経37.867度 / 55.750; 37.867座標: 北緯55度45分 東経37度52分 / 北緯55.750度 東経37.867度 / 55.750; 37.867
Coat of Arms of Reutov (Moscow oblast).png
Flag of Reutov (Moscow oblast).png
紋章
Town記念日 9月の最終土曜日[要出典]
自治単位
ロシア
連邦構成主体 モスクワ州[1]
自治体 (May 2012現在)
行政中心地制定 Reutov Urban Okrug[2]
Head[3] Sergey Yurov[3]
議会 Council of Deputies[要出典]
統計
人口 (2010年,
予備)
87,314人[4]
2010年順位 193rd
創立 1492-1495[要出典]
郵便番号 143960, 143964-143966, 143968, 143969[要出典]
公式サイト
レウトフ - ウィキメディア・コモンズ

レウトフ(Reutov、ロシア語:)は、ロシアモスクワ州の町である。モスクワの東に位置する。人口は、87,314人(2010年全ロシア国勢調査)、76,805人(2002年全ロシア国勢調査)、68,326人(1989年全ロシア国勢調査)、50,200人(1970年)である。

歴史[編集]

レウトフの創立の正確な日付は分かっていないが、多くの歴史家は、1492年から1495年の間であると考えている。17-18世紀にはレウトフ村は、ツレーニン公とヴァーシリー・ドルゴルーコフ公の支配下に置かれていた。18世紀初め、レウトフは村になった。1709年の国勢調査では、ヴァーシリー・ドルゴルーコフ公所有のレウトフの村が記録された。

1787年、村はN.I.マスロフ公に取得された。彼の治世下で、レウトフは裕福な土地になった。19世紀の初めにマスロフは破産し、A. M. Pokhvistnev中佐の所有となり、彼は1824年に紡績工場を建設した。この工場で作られる紡績糸はロシアで最高のものになり、1831年のAll-Russian National Showで金メダルを受賞した。その直後、Pokhvistnevは土地と工場を売却した。

1843年、モスクワの商人S. A. Mazurinが土地と工場を購入した。彼は、れんが工場、寄宿舎を建設し、紡績工場を再建して、徐々にレウトフを工場の町にしていった。

1955年まで、レウトフには、多くの人工衛星大陸間弾道ミサイル巡航ミサイル等の設計を行うNPOマシノストローイェニェの本社が置かれた。ウラジーミル・チェロメイが長くこれを率いた[5]

モスクワとはモスクワ環状道路ノソヴィヒンスコエ高速道路を隔てている。

レウトフは科学都市(ナウコグラード)であり、記念日は9月の最終土曜日である。

交通[編集]

バスとタクシー[編集]

モスクワ州内の他の市や町とは異なり、レウトフの公共交通は、モスゴルトランスが運営しているが、郊外料金は適用されない。バラシハにより、28台のバスが運用されており、以下と繋がっている。

鉄道と地下鉄[編集]

姉妹都市[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Law #11/2013-OZ
  2. ^ Law #134/2004-OZ
  3. ^ a b Head of Administration” (ロシア語). Administration of Urban Okrug Reutov. 2019年9月22日閲覧。
  4. ^ Russian Federal State Statistics Service (2011年). “Всероссийская перепись населения 2010 года. Том 1” [2010 All-Russian Population Census, vol. 1] (Russian). Всероссийская перепись населения 2010 года (2010 All-Russia Population Census). Federal State Statistics Service. 2012年6月29日閲覧。
  5. ^ NPO Mashinostroyenia: Vladimir Nikolayevich Chelomey” (ロシア語). 2019年9月22日閲覧。
  6. ^ Commuter train to Reutov (stantsiya Reutovo)”. 2019年9月22日閲覧。