ルートヴィヒ・デトマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


ナチスの突撃隊の制服を着たルートヴィヒ・デトマン

ルートヴィヒ・デトマン(Ludwig Dettmann、1865年6月25日 - 1944年11月19日)は、ドイツの画家である。

略歴[編集]

ドイツ北部、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州フレンスブルクの近くのAdelbyで役人の息子に生まれ、幼いころハンブルクに移った[1]ベルリン芸術アカデミーオイゲン・ブラヒトフランツ・スカルビナに学んだ[2]。初めイラストレーターとして働いた。ドイツにおける印象派の代表的画家、マックス・リーバーマン(1847- 1935)の影響を受けて風景画家として活動した。1891年からベルリン女性芸術塚協会(Verein der Berliner Künstlerinnen)で教え[3]、1898年にはリーバーマンが中心となった「ベルリン分離派」の創設メンバーとなった。1900年からはケーニヒスベルクの美術学校の校長に任じられた。1909年のベルリンの国際展覧会で賞を受賞し、ケーニヒスベルクの学校や役所の壁画なども制作した[2]

第一次世界大戦が始まると、公式戦争画家に任じられた。ベルリンで開かれた陸海軍の展覧会などに、エーリヒ・ルーデンドルフパウル・フォン・ヒンデンブルクら、将軍の肖像画や戦場を描いた作品を出展した[2] 。戦争が終わった後、美術学校の校長を辞めベルリンに住んだ。

1923年に国粋的な作家、ヴァルター・ブレーム(Walter Bloem)が戦争について検証した書籍、「大火-ドイツの悲劇」("Weltbrand – Deutschlands Tragödie 1914–1918")の挿絵を描いた。

ヒトラーが権力を掌握した後、デトマンは国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党員となり、ドイツ帝国芸術家協会(Reichsverband bildender Künstler Deutschlands)の理事となった。ヒトラーが創設した「ゲーテ・芸術科学メダル」(Goethe-Medaille für Kunst und Wissenschaft)を1935年に、受賞した[2] 。1944年にベルリンで79歳で亡くなった。

作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Biographical notes @ Flensburg online.
  2. ^ a b c d Biographies of Kunstakademie Konigsberg Directors @ Kant-Forschungsstelle.
  3. ^ Verein der Berliner Künstler Archived 2015-07-17 at the Wayback Machine. Brief history of the school.