HD 116798

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルートヴィッヒの星から転送)
移動: 案内検索
ルートヴィッヒの星
Sidus Ludoviciana
仮符号・別名 HD 116798[1]
星座 おおぐま座
視等級 (V) 7.58[1]
発見
発見者 ベネデッド・カステリ
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 13h 24m 51.8439s[1]
赤緯 (Dec, δ) +54° 53′ 50.905″[1]
赤方偏移 -0.000016[1]
視線速度 (Rv) -4.9km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -19.7 ミリ秒/年[1]
赤緯:-4.7ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 8.30ミリ秒[2]
距離 392.96 ± 5.76光年[注 1]
(120.48 ± 1.77パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) 2.175[注 2]
物理的性質
スペクトル分類 A5[1]
色指数 (B-V) 0.29[1]
別名称
別名称
Sidus Ludvicianum, AG +55 886,
BD+55 1602,
SAO 28748[1],
TYC 3850-257-1
■Project ■Template

HD 116798おおぐま座にある恒星。地球からは北斗七星二重星ミザールアルコルの間に見えるが、8等級の暗い星で肉眼では見えない。

概要[編集]

1616年に、ガリレオ・ガリレイの友人で助手のベネデット・カステリ英語版が発見した[3]

1722年、ルートヴィヒ大学の数学と神学の教授であったヨハン・ゲオルク・リープクネヒト英語版が、新惑星を発見したと勘違いし、17世紀にルートヴィヒ大学を創設したヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ5世を記念して Sidus Ludvicianum[1] (ルートヴィッヒの星) と名づけた[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Result for Sidus Ludvicianum”. SIMBAD. 2015年7月28日閲覧。
  2. ^ TYC===3850 257 1”. The Hipparcos and Tycho Catalogues. 2015年7月28日閲覧。
  3. ^ a b Leos Ondra (2000年). “New View Of Mizar”. 2015年7月29日閲覧。