ルフナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルフナ地方

ルフナシンハラ語: රුහුණ英語: RuhunaまたはRuhunu)は、スリランカの南部から東部にかけての地域を指す呼称。転じてサバラガムワ州で生産されるロー・グロウン・ティーと呼ばれる紅茶もルフナと呼ばれる。

紅茶[編集]

ルフナは一番標高が低く、スリランカの南に位置し、気温が高いため葉の成長がよく、ハイ・グロウンの茶葉より、1.5から2倍くらい大きくなっている。癖のある深い苦味を特徴とし、多種多様な香りを持つ。発酵度が高いため、濃い色の茶葉で質のよいものにはシルバーティップが多く見られる。茶葉を高温で乾燥させるため、中国キームンのようなスモーキーさと、濃厚な重い渋味が特徴。水色は深い紅色。

ミルクとの相性が良くチャイミルクティーとして楽しまれるほか、ストレートで飲まれることもある。

収穫期[編集]

12月~4月頃。

関連項目[編集]