ルドルフ・ベラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルドルフ・ベラン

ルドルフ・ベラン(Rudolf Beran、1887年12月28日-1954年4月23日)は、チェコスロバキア政治家農業党の指導者。首相(1938-1939)。

ボヘミア・ストラコニツェ郡出身。農業党幹部として、党首アントニーン・シュヴェフラを支え、彼の死後の1933年、党首に就任。ミュンヘン会談後の1938年11月、国民民主党人民党商工中産党国民社会党など主要政党を統合した国民統一党を結成し、その党首となる。1938年12月、チェコスロバキア首相に就任し、ナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体後の1939年4月27日までその地位にあった。ナチス占領期には抵抗運動に関わったが、戦後、共産主義政府によって対独協力の罪で逮捕された。1954年、スロバキア・トルナヴァ県のレオポルドフ収容所で死去。

先代:
ヤン・スィロヴィー
チェコスロバキア首相
1938年 - 1939年
次代:
アロイス・エリアーシュ(ベーメン・メーレン保護領)
ヤン・シュラーメク(チェコスロバキア亡命政府)
ヴォイテフ・トゥカ(スロバキア共和国)