ルクレツィア・バルベリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルクレツィア・バルベリーニ
Lucrezia Barberini
モデナ=レッジョ公
Lucrezia Barberini duchessa di Modena.jpg
在位 1654年 - 1658年

出生 (1628-10-24) 1628年10月24日
死去 (1699-08-24) 1699年8月24日(70歳没)
結婚 1654年10月14日
配偶者 モデナ公フランチェスコ1世・デステ
子女 リナルド
家名 バルベリーニ家
父親 パレストリーナタッデオ・バルベリーニ
母親 アンナ・コロンナ
テンプレートを表示

ルクレツィア・バルベリーニLucrezia Barberini, 1628年10月24日 - 1699年8月24日)は、イタリアモデナ公フランチェスコ1世・デステの3番目の妻。

生涯[編集]

教皇ウルバヌス8世の甥にあたるパレストリーナタッデオ・バルベリーニと、その妻でパリアーノ公フィリッポ1世・コロンナの娘であるアンナ・コロンナ(1601年 - 1658年)の間の第1子、長女[1]

1654年10月14日、ロレートサントゥアリオ・デッラ・サンタ・カーザにおいて、フランチェスコ1世と結婚した[2]。夫は既にマリーア・ファルネーゼとその妹のヴィットーリア・ファルネーゼと死別し、これが3度目の結婚であった。この縁組は、カストロ戦争で互いに敵方について戦ったエステ家バルベリーニ家の間の対立関係を解消するための政略結婚だった[3]。夫妻の間には1人息子のリナルド(1655年 - 1737年)が生まれ、リナルドは1694年にモデナ公爵家の家督を継いでいる。

脚注[編集]

  1. ^ Worldroots: Barberini
  2. ^ Papal Genealogy: The Families And Descendants Of The Popes by George L. Williams (McFarland, 2004)
  3. ^ Penny cyclopaedia of the Society for the diffusion of useful knowledge, Volume 3 (C. Knight, 1835)