ルイーズ=イポリット (モナコ大公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
モナコ大公ルイーズ=イポリット

ルイーズ=イポリット・ド・モナコ(Louse-Hippolyte de Monaco, 1697年11月10日 - 1731年12月29日)は、モナコ大公。現在のモナコ大公家の先祖。

モナコ大公アントワーヌ1世と妃でアルマニャック伯ルイの娘マリー・ド・ロレーヌの娘として生まれた。他に男の兄弟がないため、ルイーズ=イポリットが次期継承者とされた。アントワーヌはフランスルイ14世の許しを得て、娘の未来の夫はルイーズ=イポリットの共同統治者となり、グリマルディの姓を与えることに決めた。

1715年10月、18歳でルイーズ=イポリットはジャック・フランソワ・ゴワイヨン・ド・マティニョンと結婚し、8子を生んだ。この結婚は不幸だった。ジャックはモナコよりも、華やかなヴェルサイユ宮殿暮らしを好み、多くの愛妾を抱えていたからである。

父の死により、ルイーズ=イポリットは1731年4月にパリからモナコへやってきて、国民により歓迎会が開かれた。その歓迎会に出席したジャックが加わると、会場の雰囲気が冷ややかなものに変わったという。

1731年暮れ、ルイーズ=イポリットは天然痘で急死した。ジャックは国事を放棄したうえ、1732年5月にはモナコを離れてフランスへ戻った。彼は1733年に長男オノレに大公位を譲った。

先代:
アントワーヌ1世
モナコ大公
1731
次代:
ジャック1世