ルイーズ・ブルゴワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルイーズ・ブルゴワン
Louise Bourgoin
ルイーズ・ブルゴワン Louise Bourgoin
本名 Ariane Bourgoin
生年月日 (1981-11-28) 1981年11月28日(39歳)
出生地 ヴァンヌ ブルターニュ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 女優タレント
主な作品
アデル/ファラオと復活の秘薬
テンプレートを表示

ルイーズ・ブルゴワンLouise Bourgoin1981年11月28日 - )は、フランス出身の女優

哲学者の父と、文学者の母との間に生まれる。両親は一人娘が定職につくことを望んでいたため、ブルゴワンは美術教師を目指してレンヌの美術学校で5年間学んだ。同時期にモデルの仕事も始めた。2004年よりテレビ出演を始め、2008年にアンヌ・フォンテーヌ監督の『モナコの娘』(La fille de Monaco)で映画デビューした。この映画の演技により、2009年セザール賞の最優秀主演女優賞にノミネートされた。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]