ルイ・テナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ・テナール

ルイ・ジャック・テナールLouis Jacques Thénard1777年5月4日 - 1857年6月21日)はフランス化学者である。1800年代の始め、ゲイ=リュサックと共にホウ素の発見、単離を行った。

貧しい家にうまれたが、薬学の勉強のためにパリにでた。アントニー・フルクロアとルイ・ボークランの講義に参加し、ボークランの実験室で職を得ることができた。化学の技術の上達がはやかったので、1797年には化学の教師になり、1798年には、エコール・ポリテクニークの助手となった。すぐにゲイ=リュサックと親友になり、共同研究をおこなうようになった。教師として有能で、すぐれた教科書を執筆した。1804年からコレージュ・ド・フランスの教授を務め、1810年からエコール・ポリテクニークで化学の主任教授を務めた。1825年シャルル10世からバロンの称号を得た。

業績については以下のもがある。

1802年顔料コバルト・ブルー(アルミン酸コバルト)を発明した。発明者の名からテナール・ブルーとも呼ばれる。もっとも早く合成された顔料のひとつである。

1808年ゲイリュサックと共にホウ酸からホウ素を単離した。デービーも同じく単離に成功しているが発表はテナールらのほうがわずか9日ほど早かった。