ルイス・アルバート・ネッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイス・アルバート・ネッカースイスドイツ語:Louis Albert Necker1786年4月10日 - 1861年11月20日)は、スイスジュネーヴ出身の結晶学者地理学者[1]

1810年よりジュネーヴ大学教授を務め、1832年錯視立方体であるネッカーの立方体を考案したことで名高い[2]

熱心な登山家で後半生はスコットランドで過ごし、1861年11月20日にポートリー英語版で没した[3]

脚注[編集]

  1. ^ Forbes J D,1863. Biographical account of Professor Louis Albert Necker, of Geneva, Honorary Member of the Royal Society of Edinburgh. Proc Royal Soc Edinburgh, 5: 53-76.
  2. ^ Wade N J, Campbell R N, Ross H E, Lingelbach B, 2010. Necker in Scotch perspective.' 'Perception, 39: 1-4.
  3. ^ Mitchell J R, 2002. On the trail of Necker, from Geneva to Portree. West Highland Free Press, 12th July, p. 15.

関連項目[編集]