リービジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1991年のウクライナの紙幣[注 1]。リービジが描かれている。

リービジウクライナ語: Ли́бідь[ˈlɪbʲidʲ];)は、ウクライナの最古記録『ルーシ年代記』における伝説キエフの創立者、ポリャーネ族公爵キーイの妹[1]ノヴゴロド地方の民俗叙事詩では、兄弟[注 2]と共にノヴゴロドの地を荒らす好戦的で勇敢な女性として描かれている[1]。リービジという名前はキエフのリービジ川に因んでいると考えられる[1]19世紀後半にオレクサンドル・トゥールブが集めた伝説によれば、リービジは絶世美女であったため、多くの王子騎士が彼女と結婚することを望んだという。しかし、結婚したくないリービジは宮殿を飛び出し、キエフの郊外にある山に隠れて独居するようになった。リービジは自分の人生を悲しみ、昼も夜も泣き続けたため、その姿が消えて涙となり、涙は流れて小川になったと伝わる。この川はリービジ川、山は乙女山と呼ばれるようになったという[1]

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 現在は用いられていない。詳しくはフリヴニャ#ウクライナの独立時代を参照されたし。
  2. ^ ルーシ年代記(原初年代記)』にはキーイシチェクホリフの名が記されている。

出典

  1. ^ a b c d Ричка 2009:139.

参考文献[編集]

  • (ウクライナ語) Тулуб О.О. Київ та його давня давнина у творах народних. Інститут рукопису НБУ ім. В.Вернадського, ф. 209, № 3.
  • (ウクライナ語) Ричка В.М. Кий // Енциклопедія історії України. — Київ : Наукова думка, 2009. — Т.6. — C.139-140.