リュシアン・ドマネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リュシアン・ドマネー Gymnastics (artistic) pictogram.svg
選手情報
フルネーム Georges Lucien Démanet
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1874-12-06) 1874年12月6日
生誕地 フランス、ノール県Limont-Fontaine(en:Limont-Fontaine
没年月日 (1979-03-16) 1979年3月16日(満104歳没)
種目 体操競技
 
獲得メダル
オリンピック
1900 パリ 個人総合
1920 アントワープ 団体
世界体操競技選手権
1905 ボルドー 団体
1905 ボルドー 個人総合
1905 ボルドー 鉄棒
テンプレートを表示

リュシアン・ドマネーGeorges Lucien Démanet1874年12月6日 - 1979年3月16日)は、フランスの元体操選手である。彼は、1900年パリオリンピックの体操競技個人総合及び1920年アントワープオリンピックの体操競技団体で合計2個の銅メダルを獲得した。

経歴[編集]

リュシアン・ドマネーは、自国フランスで行われたパリオリンピックの体操競技に、フランス代表108人のうちの1人として参加した。

この大会での体操競技個人総合は、鉄棒や床運動などの体操競技種目以外にも走幅跳などの陸上競技種目や綱のぼり、重量挙げなどを含んだ合計16種目の総合得点を争うものだった。各種目には最高20点の得点が与えられた。ドマネーは16種目の合計で293点を獲得して3位に入り、302点を獲得して金メダリストとなったギュスターヴ・サンドラス、295点を獲得して銀メダリストになったノエル・バスに続いて銅メダリストとなり、地元フランス勢がメダルを独占する結果になった[1]

その20年後、45歳になったドマネーはアントワープオリンピックの体操競技団体にフランス代表チームの一員として再び出場した。フランス代表チームは、出場5チームのうち3番目の成績を収め、ドマネーはもう1個の銅メダルを獲得することになった[2]

1905年ボルドーで開催された第2回世界体操競技選手権では、団体で金メダル、個人総合と鉄棒で銅メダルを獲得している[3][4][5]

脚注[編集]

  1. ^ Gymnastics at the 1900 Paris Summer Games:Men's Individual All-Around Archived 2010年4月9日, at the Wayback Machine. 2010年10月29日閲覧(英語)
  2. ^ 1920 Summer Olympics Antwerp, Belgium Gymnastics 2010年10月29日閲覧(英語)
  3. ^ Gymnastics World Championships Men:Men:Teams at Sports123.com 2010年10月29日閲覧(英語)
  4. ^ Gymnastics World Championships Men:All-Around at Sports123.com 2010年10月29日閲覧(英語)
  5. ^ Gymnastics World Championships Men:Horizontal Bar at Sports123.com 2010年10月29日閲覧(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]