リベンジコード 盗まれた正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リベンジコード 盗まれた正義
聖人大盗/The Last Thieves
監督 ジャック・シュ-
脚本 ジャック・シュ-
ヤン・ワンジュ
出演者

メーガン・ライ
ツァオ・イエンハオ
ジョアンヌ・ツァン
エリック・ツァン

ホウ・ヤン・シー
撮影 ヂァン・ジャウェン
編集 シー・メンジュ
公開 中華民国の旗 2019年
上映時間 108分
製作国 中華民国の旗台湾
言語 中華民国の旗中国語
テンプレートを表示

リベンジコード 盗まれた正義』(リベンジコード ぬすまれたせいぎ 、原題:聖人大盗 The Last Thieves)は、2019年台湾映画。第56回金馬賞最優秀新人監督賞ノミネート作品。

ストーリー[編集]

未来志向の若き起業家であるイン(ツァオ・イェンハオ)は、ブロックチェーン技術を使って透明性あるシステムを作り、仲間とともに資本主義と戦おうと試みている。そんな彼らの試みに目を付けた冷酷で腹の底が知れないファンド会社の総支配人・シュー(メーガン・ライ)、計算高い金融界のドン・リン(エリック・ツァン)等は、自分たちの利益の為に彼らを利用する。その中でインは現実の残酷さ、パートナーの裏切りに直面し、本当に大切なことを見失わぬようある覚悟を決めた。 夢を叶えるためには、どれだけの犠牲が必要なのか。 果たしてインは人々に慕われる“聖人”となるのか、それとも・・・。

キャスト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]